読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「論語」(訳:齋藤孝)

こんばんは。

今日は、古代中国の思想家である孔子とその一門による言行録である「論語」についてです。齋藤孝さんの訳で読みました。

論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: Kindle
 

 論語は古典中の古典ということで、何かを得るというよりは、経験値として読んでおきたいと思っていました。内容は、学ぶことの大切さ、上に立つ者とそれに従う者のあり方、人として大切にすべきことなど多岐に渡っています。

個人的にいいなと思ったのは次の5つ。

・「人の己れを知らざるを患えず、人を知らざるを患うる也」(自分をわかってもらえないと嘆くより、人を理解していないことを気にかけなさい)

・「学んで思わざれば則ち罔し。思うて学ばざれば則ち殆し」(外からいくら学んでも自分で考えなければ、ものごとは本当にはわからない。自分でいくら考えていても外から学ばなければ、独断的になって誤る危険がある)

・「知者は惑わず。仁者は憂えず。勇者は懼れず」(知者は迷いがなく、人格に優れた仁者は憂いがなく、勇者はおそれがない)

・「人、遠きを慮んぱかり無ければ、必ず近き憂い有り」(人として、遠くまで見通す配慮がないようでは、きっと身近な心配事が起こる)

・「過まって改めざる、是れを過まちと謂う」(過ちをしても改めない、これを本当の過ちという)

おそらくですが、その時分で置かれている自分の状況によって、さまざまな示唆を与えてくれると思います。一度読んで終わりではなく、定期的に読み返すことが特にこの本の場合は大事ではないでしょうか。僕の場合は、大事だと思ったところに付箋をつけるようにしていますが、読み返したときに「以前はこんなことを大事に思っていたんだなぁ」と振り返ることができて、それはそれでまた面白そうですね!

僕は他の訳者の「論語」を読んだことがないので、比較はできません。しかし、齋藤孝さんの訳は、くだけすぎず、固すぎずのちょうど良いバランスだったように思います(冒頭で齋藤さんも「バランスに気を付けて訳した」と述べています)。実は以前、高橋源一郎さんの「一億三千万人のための『論語』教室」を読んでみたのですが、こちらはくだけすぎというか、自分にはまったく合わず挫折してしまいました(参考までに、一番下にAmazonへのリンクを貼っておきます)。

おそらく、ネットで調べれば訳者による特徴や違いなどもわかると思いますので、格調高さを求めるのか、敷居の低さを求めるのかなど、自分の基準で選べばよいでしょう。とにかく、まずは論語に触れてみることをオススメします。

一億三千万人のための『論語』教室 (河出新書)

一億三千万人のための『論語』教室 (河出新書)