読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「SINGLE TASK 一点集中術」(デボラ・ザック著)

こんにちは。

今日は、デボラ・ザック著の「SINGLE TASK 一点集中術」という本についてです。 

 本書の内容はいたってシンプルで、「一度に1つの作業に集中して、生産性を上げる」というシングルタスクの原則について、その考え方や根拠が書かれています。

 

僕自身も、ついテレビを観ながらスマホを見たり、日々の振り返りを手帳に書いているときに何かが気になって他のページを覗いたりすることがよくあります。いわゆるマルチタスクの状態です。

しかし、本書では、そもそもマルチタスクは「不可能なもの」と断言しています。なぜなら、脳は一度に複数のことに注意を向けることができないからです。同時進行で2つ以上の物事をしているように見えても、実際にはAというタスクとBというタスクの間を短い時間で行ったり来たりしているにすぎないのです。

日々の行動を振り返ってみれば、それは事実だとわかります。先ほどの僕の例でいくと、テレビを観ている最中にスマホが気になって目を移している間、テレビで流れている情報のほとんどは理解できません。プライベートならまだしも、これが仕事の場面ならたいへんです。というか、仕事の場面の方がマルチタスクのような状態になりやすいでしょう。

では、「なぜマルチタスクの状態になってしまうのか?」という話になるのですが、そこには他者の期待や要求に応じねばならないという義務感が絡んできます。自分が急ぎの仕事Aに集中しているときに、上司から仕事Bを頼まれたとします。上司からの依頼をむげに断ることはなかなかできませんよね。たとえそれが雑用であっても…。そこで、つい引き受けてしまう。いったん引き受けると、仕事Aに集中しているように見えても、絶えず頭の中には仕事Bのことが引っかかります。こうなると、シングルタスクの原則からはどんどん離れていってしまいます。

こういったときは、優先順位を決めた上で、後ですることをメモしておくなどして、いつでも呼び起せるようにしておき、より大事なことに再度集中して取り組むのがよいとしています。また、急を要する場合は、対応できる時間を予め相手に伝え、その間はその相手に一点集中するようにします。

 

さて、今の生活はスマホなしでは成り立たないと言っても過言ではないでしょう。シングルタスクを阻む最大の敵はスマホだと思います。著者は、1日の中で1~2時間、すべてのデバイスをオフにする時間を持つことを推奨しています。これは僕にも必要なことだと思いました。

自分の場合は、特に入浴を終えて自室に戻ってすぐが「魔の時間」です。そこで机に座るか、ベッドに横になってスマホをいじるかでその後の過ごし方がほとんど決まります(笑)だったら、自室に戻る前にスマホの電源をオフにするのが手っ取り早いのかもしれません。これを習慣にできれば、毎日一定時間を読書や勉強に充てられるかもしれません。少なくともベッドに横になって照明をつけたまま寝落ち…といったことはなくなるでしょう。

本書の最後の方に、「「より大切なこと」を選べば、結局は「満ちたりた気分になる」ことがわかるようになるはずだ」(p188より引用)とありました。マルチタスクを求められる毎日の中、安きに流されず、より重要なことに一点集中すれば、充実感を得ることができるはずです。意識的・意図的にシングルタスクの状態をつくったり、オフラインの時間を設けられるよう、1日の過ごし方を考えていきたいと思いました。