読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「覆す力」(森内俊之著)

こんばんは。

今日も将棋の棋士による本です。森内俊之九段の「覆す力」という本です。

 

覆す力 (小学館新書)

覆す力 (小学館新書)

 

森内九段も羽生九段や前回記事でとり上げた「長考力」の著者である佐藤九段と並んだトップクラスの棋士です。

タイトルがなぜ「覆す力」なのかというと、羽生九段の存在が大きく関わっています。羽生九段はデビュー当時から圧倒的な力を発揮しており、森内九段がタイトル戦で羽生九段とぶつかることになっても、そのほとんどが下馬評で「羽生有利」とされたのです。そういった数々の不利な状況を覆し、永世名人の称号を得るまでに至った棋士人生が本書で描かれています。

一部で勝負哲学も書かれていますが、将棋への愛情、ライバル達への敬意にあふれた素朴な文章で、読んでいて気持ちの良い本です。たくさんの敗戦から学ぶ態度、理想の将棋を追求する姿勢など、プロとして、一人の人間として物事にどう向き合うべきかを示してくれます。