読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「見せれば即決!資料作成術」(天野暢子著)

おはようございます!

今日はプレゼン・コンシェルジュの天野暢子さんによる「見せれば即決!資料作成術」という本についてです。

 

図解 見せれば即決! 資料作成術――3秒で決まるプレゼン資料、ビジネス資料はここが違う
 

 資料作成のポイントを、見開き2ページで解説しています。左側ページに説明文、右側ページにビフォーアフターの形で図解という構成です。

日頃からプレゼンをたくさんしていたり、資料を作成している方にとっては基本的なことばかりだと思うのですが、僕はそういった業界にいる人間ではないので、気づきがいくつか得られました。

ノウハウ面では、PowerPointで表組みがすごく便利だということを知りました。PowerPointを使ったことがないわけではないのですが、文字や数字を入力していて、どうしても半角分ズレが生じるなどの違和感を感じることがありました。そんなときは、表組みにして、セルごとに左寄せとか右寄せの設定をすれば、文頭を整えられます。このとき、表の枠線は読む人にとってノイズとなる可能性があるため、枠線をなくすなどを配慮をするとよいそうです。

もう一つ、色の使い方が勉強になりました。カラフルにするのがよいと思いがちですし、作る側もカラフルなスライドにすると満足感に浸れそうですが、スライドを見る人にとってはキツイ印象になります。そのため、ひとつテーマカラーを決めて、その色に濃淡を加えることで強弱をつけます。そうすると資料に統一感が出て、見やすくなります。なお、スライドに写真を載せたり、図解するときも枠線が思わぬ邪魔になるため、注意が必要です。

「おわりに」で書かれていましたが、プレゼンソフトやパソコンはどんどん進化していく一方、相手に資料を読んでもらう、もっと言えば、まず手に取ってもらうために必要な心配りは変わりません。その心配りのポイントが随所に出てきます。「写真をどうレイアウトするか」「どんなグラフを選ぶか」「作った資料を紙媒体で渡す場合にどうするか」など、つい疎かにしてしまいそうなことにも気を配ることが大切です。

ちなみに、書かれた内容をソフト上で実行するための操作方法はそこまで詳しく書かれていません。しかし、本書のポイントを活かしたテンプレートがダウンロードできるようになっています(→結構使えそう!)ので、それをベースにやってみるのがよいかと思います。