読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

2019年セ・リーグ順位予想!

こんばんは。

今日でプロ野球のオープン戦も終わりました。もうすぐ開幕ですね!

ということで、無意味に今年もやりますセ・リーグ順位予想!ちなみに、昨年の予想は以下のリンクをご覧ください。2018年セ・リーグ順位予想! - 読書記録 for me

早速ですが、僕の予想は次のとおり。

  1. 巨人
  2. ヤクルト
  3. 広島
  4. DeNA
  5. 阪神
  6. 中日

1位に予想した巨人ですが、たとえ大補強をしても、監督が原さんでなければ、別の順位にしたでしょう。新監督が新加入の選手たちをうまく操縦し、チーム内に良い化学反応を起こすのではないかと思います。

2位予想はヤクルト。昨年からのマイナスポイントが特に見当たらず、むしろ若手が伸びている印象を受けます。村上選手辺りが年間通じて活躍するようなら、優勝もあり得るでしょう。1チーム独走するとしたら、ヤクルトのような気がします。

3位は広島。丸選手の移籍はやはり大きいと思います。しかし、もうチームとしては完成されているので、放っておいてもこれくらいには入ってくるのではないでしょうか?中継ぎ陣が整備されてきたのは良い材料です。

4位はDeNA。個人的に読めないのがこのチーム。ただ、優勝するには何かが足りない気がします(優秀なリードオフマンかなぁ…)。かと言って、投手陣は良いし、打線にも役者はいるから、最下位に沈むことも考えづらい。消去法で4位予想にしたというのが正直なところです。

6位は中日にしました。しかし、外国人野手が昨年同様活躍すれば、クライマックスシリーズ進出もあり得ると考えています。与田新監督がどのような野球を展開するのか注目です。鳴り物入りで入団した根尾選手については、今年はプロに慣れる期間ということで良いと思います。他にも良い選手はたくさんいますしね~。

最後に、5位予想の阪神。投手陣は良い線をいっているのてすが、如何せん打てない。どうも開幕の1~2番はルーキーが務めることになりそうで、既存の野手は何をやっているんだという感じです。5位予想にしたのは、最下位脱出してほしいといういちファンとしての願望も少し込めていて、打線が変わらずなら悲しいけど最下位もあるかなぁと見ています。

阪神が優勝争いに絡むためには、以下のすべての条件を満たさなければ厳しいと思います。

  • 開幕すぐの10戦で7~8勝して勢いに乗る
  • ルーキーの近本選手と木浪選手が年間通じて頑張り、2人で新人王争いをする
  • 大山選手が4番として独り立ちする
  • 外国人野手(ナバーロ選手orマルテ選手)が年間通してある程度活躍する(打率.280、打点80以上稼ぐ程度)
  • 糸井選手が長期離脱しない

元号の初代チャンピオンにはどのチームが輝くのでしょうか?盛り上がるペナントレースになってほしいものです!!