読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「人口減少と社会保障」(山崎史郎著)その1

おはようございます。

ここのところ忙しかったこともあり、ひさびさの月曜日以外の祝日で、ホッとしています。今日は好きなことをして過ごそうと思います。

今日は、山崎史郎さんによる「人口減少と社会保障」という本の序章から第1章までをまとめます。

 

 著者の山崎さんは、厚生労働省介護保険制度や生活困窮者自立支援事業の創設に尽力された方です。施策を立案してきた立場から、現在の人口減少と社会保障について述べています。

新しいカテゴリーで「生活支援コーディネーター活動記録」をつくることを前回の記事で書きました。生活支援コーディネーターそのものよりもまず、今の高齢者を取り巻く状況から知っておく必要があると思い、手に取った本です。

第1章までは、人口減少に至る経緯について、さまざまなデータをもとに語られています。人口減少の背景にあるのは大きく2つで、「家族の変化」と「雇用システムの変化」となります。

・家族の変化

産業が発達するとともに核家族化が進んできました。しかし、現在では核家族の典型であった「夫婦と未婚の子のみ世帯」は減少しています。また、「三世代以上世帯」も減少しています。逆に、「単身世帯」や「夫婦のみ世帯」、「ひとり親世帯」が増えてきました。なお、将来予測として、「単身世帯」は今後も増えることが予想されています。その大きな要因は高齢単身者が増加することになります。配偶者に先立たれたり、この後にも触れますが、そもそも結婚しない人が増えることが高齢単身者の増加につながると考えられるでしょう。

・雇用システムの変化

1991年のバブル経済崩壊や、2008年のリーマンショックによる経済の混乱により、非正規雇用が増加しました。人件費の抑制がその大きな目的なのですが、ここで大きな問題となるのが、非正規雇用者に対する社会保障によるセーフティネットの脆弱さになります。医療保険雇用保険などが正規雇用者に比べると十分に保障されているとは言えない状況です。これに就職氷河期が重なったことで、若壮年無業者やひきこもり、親同居未婚者が急増することになったのです。この2つの背景どうしも相互に影響していると言えるでしょう。

この2つの背景が合わさって、人口減少につながっていくのです。

・人口減少へ

経済面以外にもさまざまな要因はあるでしょうが、結果的に結婚する年齢がずれ込む晩婚化、そもそも結婚しない人が増える非婚化が進むことになりました。それはつまり、子どもの数が減少することに直結します。

ここで気を付けなければならないのが、かつて国は人口が増えることを憂いて、人口過剰論を唱えていた時期があったということです。今では移民の受け入れが大きな話題となっていますが、当時は日本国民が海外に移民することが検討されていたくらいです。国は以降、出生数と死亡数が等しい状態となる「静止人口」を目指しました。しかし、実際には国の予想を超えるペースで出生率は低下することになったのです。

第1次ベビーブーム、第2次ベビーブームという時期があったのを聞いたことがある方も多いと思います。戦後の復興によって、安心して子どもが生み育てられるようになり訪れた第1次ベビーブーム、そしてその時期に生まれた子どもが親になり、子どもを産む時期に訪れた第2次ベビーブームです。「では、第3次ベビーブームはどうなったの?」という話になるのですが、そこにここまでまとめてきた内容が絡んできて、思ったほどの出生数にはならなかったのです。

現在、待機児童対策など子育て支援策が執られています。もしかすると、今後、出生率も回復してくるかもしれません。しかし、子どもを産む女性の数自体が急激に減少する以上、出生率回復のペースと女性の数の減少ペースを考えあわせても、人口減少は避けられません。「では、社会保障はどうあるべきか?」が第2章以降で語られることになります。