読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「増補 頭脳勝負」(渡辺明著)

おはようございます。

今日は棋士渡辺明棋王による「増補 頭脳勝負」という本についてです。

増補 頭脳勝負 (ちくま文庫)

増補 頭脳勝負 (ちくま文庫)

 

タイトルに「増補」とありますが、実は以前に新書版で発売されています。そこから数年が経ち、文庫化されました。内容は大きく変わっていませんが、棋士の紹介ページでは現在のタイトル保持者が紹介されています。

渡辺棋王は、以前からブログを運営されるなど、なかなか見えてこない棋士の生活をファンに知ってもらおうと、将棋の普及に力を入れているお一人です。実力も永世竜王を獲得するなど、折り紙付きです!!

プロ棋士の制度や将棋というゲームの魅力の紹介がメインの内容となっていますが、最近の藤井七段の活躍もあり、「指しはしないけれど将棋を観るのが好き」という方も出現しており、そういった層も念頭に入れたものになっています。

興味深かったのは、以前に紹介した羽生善治九段の本と同じく、渡辺棋王も「多くミスした方ではなく、最後にミスをした方が負ける」と述べていたことでした。これはつまり、ミスをしても相手がミスする可能性もあるのだから諦めることなく指すことが大事だということです。ただし、勝負論にはそれほど深く触れられていません。

本書が他の棋士の本と違うのは、渡辺棋王はブログをしているためか、全編ガッチガチの内容とはなっておらず、ところどころにフッと力が抜けるような話や、ぶっちゃけ話が盛り込まれている点です。

一方、実際に渡辺棋王が指した対局について自ら解説した自戦記も3局分掲載されています。一般の将棋ファンが読むようなものは記号や専門用語がたくさん出てきて、素人にはチンプンカンプンですが、渡辺棋王はそこも心得ていて、できるだけ記号や専門用語を排した、どちらかというと精神面にフォーカスした書き方をしており、すごく引き込まれます。

巻末には簡潔に将棋のルールも付録として掲載されていますので、「最近、将棋が流行っているけど、どんなゲームなんだろう?」と思った方が、入門書の前に将棋そのものについて知るためにはとても良い本だと思います!