読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「脳が冴える15の習慣」(築山節著)その1

こんばんは。

今日は前回と同じ、築山節さんによる「脳が冴える15の習慣」という本についてご紹介します。

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

 

前回取り上げた「フリーズする脳」では、どちらかというと脳が冴えにくくなりやすい生活環境に焦点が置かれて解説されていましたが、この本ではそれを避けるために取り入れた方がよい習慣が主に書かれています。

全部で15の習慣が出てきますが、今日は最初の5つについてまとめます。

習慣1:生活の原点をつくる

ここでは、朝、一定の時間に起きることを推奨されています。朝、決まった時間に起きて、太陽の光を浴びることで身体が目覚め、さらに脳が冴えてきます。ただし、身体をしっかり動かせるようにするために準備運動が必要なように、脳を活性化させるにも準備が必要となります。そのためには、足や手、口を動かすのが大切ということです。散歩をしたり、片付けをしたり、音読をするなどが良いようです。

習慣2:集中力を高める

「集中力を高める」と言っても、意識的に自由自在に高められるわけではありません。やはり、それなりの準備が必要になります。習慣1で挙げたようなことをして、脳の基礎的なところを働かせておかなければなりません。その上で、時間的な制約を設けて、物事に取り組むのがよいということです。また、集中力が高まった後はしばらくその状態が続くため、その間に雑多なことも片づけるのが大切としています。疲れたら休憩を挟んで、ウォーミングアップをし、時間的制約を設けて最重要課題に取り組み、その勢いで他のことも処理していく…この繰り返しが1日に何回もできれば、脳をうまく使えるようになります。

習慣3:睡眠の意義

睡眠中には思考の整理が行われます。そのため、寝る前に学習するときには、完璧を求めるというよりは、脳の整理力に期待して中途半端な状態でも良いから早めに寝ることが大切です。1日最低6時間寝ることが推奨されています。

習慣4:脳の持続力を高める

ここでは、脳の司令塔である前頭葉の働きを高めるため、雑用や家事を積極的にしましょうと築山さんは述べています。片づけを例にすると、どこにどうしまうとスッキリするか、次に使うときに使いやすいかなどを考えながら片づけるため、選択・判断・系列化を絶えず行うことになります。また、ずっと同じやり方ではなく、より効率的に行うための工夫をしていくことも大事です。

習慣5:問題解決能力を高める

書類整理などのルールを自ら作ったり、1日の行動予定を書き出して並べたり、解決までにいろいろなプロセスを踏む必要のあるものについて書き出してみるなどが良いようです。このとき、書き出したものを周りの人に客観的に評価してもらうと、自分にはなかった視点が加わり、より前頭葉のテクニック的な部分が鍛えられるということです。

ここまで、5つ目までの習慣についてまとめました。次の記事では、10個目までの脳が冴える習慣をご紹介しようと思います!