読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

Mr.Children「重力と呼吸」購入!(後編)

こんにちは!

前回の続きで、Mr.Childrenの新作アルバム「重力と呼吸」について、感想を述べていきます。前半の感想は以下のリンクからご覧ください。

Mr.Children「重力と呼吸」購入!(前編) - 読書記録 for me

 

重力と呼吸

重力と呼吸

 

6.addiction

addictionは“中毒”などといった意味で、直接的な表現は出てきませんが、薬物依存などを連想させる歌詞になっています。ミスチルのLIVEでは映像を駆使して演出されることが結構ありますが、この曲は演出によってものすごく映える曲になると思います。ピアノの音色がどこか怪しげで、演奏も中川さんのベースがすごくかっこいいです。個人的にはかなり好きな曲です!

7.day by day(愛犬クルの物語)

タイトルだけ見ればすごく穏やかそうなイメージを与えそうですが、この曲は4曲目の「here comes my love」よりもクイーンっぽくて、ギャップにやられました。たぶんほとんどの方がわからないと思いますが、weezerの「Maradroit」にありそうな曲です(笑)曲調に合うタイトル、歌詞だったら、また違った感想を抱いたかもしれません。

8.秋がくれた切符

アグレッシブな曲が多い本作の中で、安定のミスチルらしさが出てる曲です。今の季節にピッタリの歌詞で、とても穏やかな気持ちになれます。アルバム全体の流れの中で、良いアクセントになっています(^-^)どこかのレビューに書いていましたが、ミスチルのこの手のバラードはだいたい5分を超える長いものが多いのですが、この曲は3分台です。

9.himawari

言わずもがなの名曲です!でも、シングルから若干アレンジされています。シングルver.がそれ単体でひとつの物語を完結させているイメージで、ボーカルの起伏が結構激しいのですが、アルバムver.は少し起伏を抑えていて、全体との調和を図った印象を持ちました。Cメロの歌詞がまるで自分のことを言われているみたいで、今、聴いても鳥肌が立ちます…

10.皮膚呼吸

DOCOMOのCMでデモver.が流れていた曲です。CMではBメロのところが流れていたと思います。個人的には「Hallelujah」みたいな曲になるのかなぁと思っていたのですが、サビにグッと演奏が盛り上がります。最後を飾るのにピッタリな、スケールの大きな歌になっています!

…ということで、全10曲について感想を書いてみました。楽器をやったことがないので、専門知識がなく、どうしてもイメージでしか書けなかったです。申し訳ありません(>_<)

正直なところ、最初に聴いたときはあまりピンときませんでしたが、何回か繰り返し聴くことで、良い印象に変わってきました。傑作かどうかはまだわかりませんが、意欲作であることは間違いありません!

もし良かったら、聴いてみてください!!