読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「奇跡のリンゴ」(石川拓治著)

おはようございます。

今回はノンフィクションライターである石川拓治さんによる、「奇跡のリンゴ」という本を取り上げます。

 

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

 

サブタイトルにもありますが、青森県のリンゴ農家である木村秋則さんが、絶対不可能と言われた「無農薬無肥料のリンゴ」をつくるまでを振り返った内容となっています。

無農薬無肥料のリンゴをつくるまでの細かい過程は置いておいて、木村さんの体験から学ばないといけないのが、ひとつの物事を突き詰めていけば、いつか必ず答えに巡り会うことができるという点です。

 

プロセスにおいて、収穫がなくなってその日食べるものにも困るくらいに貧しい状態になったり、試行錯誤の段階で周囲の農家からは奇異の目で見られることがありました。もはや「意地」という言葉では片づけられないくらいの、狂気の沙汰とも呼べるほどの信念で、ありとあらゆる方法を試します。それでもうまくいかず、リンゴ畑は衰弱の一途を辿り、ついには自ら死を選ぶ以外にないというところまで追いつめられます。そして、自ら命を絶とうとしたそのときに、奇跡が起こります…

木村さんには妻も子どももいますが、死を選ぼうとしたのは家族に迷惑をかけたくない想いからでした。無農薬無肥料を諦め、すぐにでも農薬を使えば、家族は貧しい状態から脱却できる。でも、ここであきらめれば、家族が支えてくれたそれまでのプロセスがすべてムダになる…その狭間で木村さんは揺れ動いていたわけです。

 

無農薬無肥料のリンゴ栽培は、周り回って、「自然の摂理」に従うことで可能になったわけですが、実はそれでも未だにすべてのメカニズムが解明されたわけではありません。すでにわかっていることとして、木村さんのリンゴ畑は他の畑に比べて、微生物が多いなどという特徴があります。ひとつ言えることは、その微生物も含めたすべての環境が奇跡のようなバランスを織りなし、無農薬無肥料のリンゴを生んだということです。じゃあ最初から常識的に言われている自然の摂理に従って育てていたら、すぐに無農薬無肥料のリンゴができたか?というと、そうはならないのではないかと本書を読んでいただければ、感じていただけるのではないかと思います。

 

物事がうまくいかないと悩む人は僕も含めてたくさんいると思いますが、狂気とも言えるほどの手間暇をかけているかと問われると、そこまではできていないという答えになるのがほとんどではないでしょうか?真にひとつの物事を突き詰めるとはどういうことかを学べる本です!