読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「無印良品のPDCA」(松井忠三著)

こんばんは。

今回は、良品計画前会長の松井忠三さんによる「無印良品のPDCA」という本を読みました。

無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!
 

サブタイトルにもありますように、手帳を用いてPDCAを回していくことに興味を惹かれ、手に取った本です。

結論から言うと、いわゆる「手帳術」としては目新しいものはありませんでした。しかし、経営状態の悪化した無印良品を立て直すという壮大な事例から、いかにすればPDCAを回せるかについて、学びを得ることができました。

・100%実行するまで徹底する

無印良品くらい大きな組織になると、トップが施策を決めても、末端まですぐに確実に浸透するわけではなかったようです。また、トップが立てた施策が現実離れしたものだと、現場の反応はさめたものでした。そういった状況を打破すべく、さまざまなプロジェクトを打ち出すことになるのですが、そこでPDCAサイクルが活用されました。

プロジェクトで検討されたこと(=Plan)を現場で実行し(=Do)、次の会議で実施状況を評価し(=Check)、改善策を考える(=Action)。これ自体は特に珍しいことではありませんが、無印良品では、現場での実行率を100%にすることに徹底的にこだわっていました。そのための仕掛けをたくさん設けていたのが、ポイントだったと思います。

・危機的状況にあるときはDoから始める

経営状態が差し迫ったときに、律儀に計画からスタートしていては、手遅れになる可能性があります。また、計画を作るには多大な時間と労力が必要になります。まずはとにかくできることからスタートし、改善策につなげていくことが大切です。

・1回目のCとAでは問題の本質に向き合えない

個人的には、この点が本書で一番の学びでした。よく、「PDCAは回し続けなければ意味がない」と言われます。その理由がここにある気がしました。著者の松井さんは「真剣さに欠ける」と表現されていましたが、最初のCとAでは、それが本当に正しい評価や改善策なのかを判断することが実質的に不可能なのだと思います。2回、3回と繰り返すことで、多角的に評価(C)できるようになりますから、そこから導き出される改善策(A)もより洗練されたものになるのです。

僕も早速、PDCAを回す仕掛けとして、手帳に目標に加えて「達成度」と「改善策など」という項目を設けました。大したことではありませんが、これを週間、月間、年間単位で繰り返すことで、実効性のある対策を打てるようにしていきたいです。

PDCAについて学びたい方、特に、企業にお勤めの方にオススメしたい本です(ただし、理論や概念にはサラッとしか触れていませんので、その点はご注意ください)!

“northview”(Monkey Majik)

こんばんは。

今日は最近お気に入りの音楽アルバムの紹介です。ライブに参加したことをこのブロクの記事にもした、Monkey Majikの“northview”というアルバムです。

northview(CD+DVD)(初回生産限定)

northview(CD+DVD)(初回生産限定)

  • アーティスト:MONKEY MAJIK
  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: CD
 

ボーカル2人の故郷であるカナダでレコーディングされたこのアルバム。発売前に公開されたプレビューでは「あれっ、イマイチかも?」と思っていましたが、CD音源でフルver.を聴くと、印象が180°変わりました。

ノリの良い曲と落ち着いた曲のバランスが絶妙で、曲調も多彩。40分足らずの短いアルバムですが、飽きずに何周でも聴けます!

ちなみに、いわゆるシングル曲はありません。強いて言えば、映画「スプーキッズ・ザ・ムービー」の主題歌“Bitten By You”が収録されているくらいですが、こちらもやたらに目立つ感じにはなっておらず、全10曲、本当に粒ぞろいだと思います。

歌詞がほとんど英語なので、カラオケで歌うのが不可能なことが唯一の難点です。厳密に言うと、テキトーに歌うことはできても、歌った気になれない…(笑)

アルバムの雰囲気から、個人的には、お風呂上がりから寝るまでの間に聴くのがオススメです。もしよかったら、一度聴いてみてください!!

「向上心」(サミュエル・スマイルズ著)

こんばんは。

ヘンな時間に目が覚めてしまったので、記事を書こうと思います。今日は、サミュエル・スマイルズ著の「向上心」という本です。

 

向上心 (知的生きかた文庫)

向上心 (知的生きかた文庫)

 

以前、「自助論」という本をご紹介しました「自助論」(サミュエル・スマイルズ著) - 読書記録 for me。この「向上心」も、その延長上にあるような本で、より良い自分を目指して努力することの大切さを説いています。

ポイントとしては、以下のようなものが挙げられると思います。

・物事の良い面を見ること

・誠実であること

・懸命に働くこと

・読書をすること

・礼儀正しさ

・信念を持つこと

はっきり言って、目新しいものはありません。でも、逆に言えば、時代を超えて大切なことはそんなに変わるわけではないことがわかりますね。僕個人としては、「物事の良い面を見ること」と「信念を持つこと」にまだまだ課題があるように感じました。

仕事でミスを犯して先輩や上司から注意を受けると非常に落ち込みます。注意を受けた日は一日中、そのことが頭から離れないときもあります。でも、ただそれだけでは進歩がありません。ミスから何を学ぶか、次の機会にどう活かすかを考えなければなりません。落ち込むことはあっても引きずらず、常に前に進もうとする思考が大切になります。

また、確固たる信念がないと、いつまで経っても同じような日々の繰り返しになってしまいます。信念は、自身がより良い仕事をし、より良い人生を送るために必要であるとともに、自分が人の上に立って、人を動かすためにも欠かせないものとなります。信念を築くには、日頃の経験から自分の頭で考えなければなりません。介護の仕事を始めてもうすぐ4ヶ月、まだ自分の中で明確な介護観は芽生えていません。一日一日を大切にして、信念を持って良い支援が提供できるよう、努力していきたいです。

このように、本書には目新しさはないものの、普遍的に大切なことが熱い文章で書かれています。「自助論」とセットで読んでみることをオススメします!!

「何でも「続く人」と「続かない人」の習慣」(伊藤良著)

おはようございます。

今日は伊藤良さんの「何でも「続く人」と「続かない人」の習慣」という本についてです。

 

何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)

何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)

  • 作者:伊藤 良
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

自称「先延ばし王」である著者の伊藤さんは、さまざまな良習慣を身につけ、フルマラソン完走、本の出版など、数多くの成果を挙げてきました。そんな「続かない人」の気持ちもわかる伊藤さんが、「続く人」と「続かない人」を対比するかたちで、良習慣を身につける方法を語っているのが本書になります。

 

全体を通じて感じたことが2つありました。次の2つです。

①人間の意志は弱いもの

②だからこそ、続けるためには仕組みが必要!

僕もめちゃくちゃ意志が弱い人間だと思っています。何をやっても続かないし、ヘタをすると朝に決意したことを同じ日の夜には撤回することもしばしば…

そこで、仕組みの出番です。本書では、周囲の人を巻き込んだり、各種ツールを活用するなど、意志力に頼らずとも続けられる方法がたくさん紹介されています。ちなみに、ツールの多くはタダまたは安価で済むものばかりです。

中でも勉強になったのは、うまくいかなかった日でも自分にバツをつけないということです。習慣化を目指すにあたって、記録を残すのが良いことは知っていましたが、これは盲点でした。確かに、できなかった日にバツをつけてしまうと、自分で自分を否定するような気持ちになってしまいますよね。できた日にマルをつけるルールとしたら、できない日に何も書かずに空欄のままにしても「できなかった日」ということはわかります。逆に、マルが続く中に空欄があったら気持ち悪さを感じるのが人間です。それを逆手にとる意味も出てきます。

 

また、ここまでの話とは少し違いますが、「続く人は“Be”から出発し、続かない人は“Have”から出発する」というのも参考になりました。“Be”は「ありたい姿」であり、“Have”は「欲しいもの」を指します。この“Have”からスタートする場合、それが本当に自分が望むものなのかが問題になります。つまり、周りの人の期待に応えるようなかたちで始めると、真のモチベーションにはつながりません。「ありたい姿」を詳細に描き、そこにたどり着くために必要なことを着実に習慣化していくスタンスが重要になります。

 

本書で紹介されているのは、地に足がついたというか、誰でも実践可能な方法ばかりです。続かない人の特徴も詳しく書かれていますので、三日坊主に悩んでいる方は是非読んでみてください!!

「理想の人生をつくる 習慣化大全」(古川武士著)

こんにちは。

今日は習慣化コンサルタントの古川武士さんによる「理想の人生をつくる 習慣化大全」という本を取り上げます。

 

理想の人生をつくる 習慣化大全

理想の人生をつくる 習慣化大全

 

 以前にも古川さんの本はいくつかご紹介してきましたが、最近流行り(?)の「~大全」というタイトルに惹かれ、読んでみました。一言でいうと、これまでの著作のベスト盤内容となっていました。

本書の根幹をなすものとして、「乗せる」というキーワードがあります。どうすれば習慣化に対するモチベーションを持ち、それを維持することができるかが、65項目に分けて紹介されています。なお、これら全部に取り組む必要はなく、自分に合うものをピックアップしてもらう形をとっています。人それぞれ性格や趣味嗜好が異なるように、「乗れる」ポイントも違っているからです。

 

ここからは、65項目の中で、自分にフィットしたものを3つほど挙げてみたいと思います。

 

1.楽しむことを第一優先にする

本文中にも出てきますが、どうも僕は「苦痛なことでも根性で続けることにこそ、意義がある」と考えてしまうタイプのようです。そして、その結果、続けるのがしんどくなって三日坊主に終わる…のパターンでした。「楽しいことは続く、イヤなことは続かない」というのは真理なので、「これだったら続けられるかも」とか「(楽しい内容でなくても)このやり方なら気持ちも上がるな」というアイデア、気づきを大切にしたいと思いました。

2.自分を乗せるルーティンをつくる

仮に習慣化したい内容がしんどさを伴うものである場合、いきなりその行動に入るのは難しいことです。勉強を例にすると、まずは机に座ってテキストなり問題集を開くことになります。でも、仕事で身体が疲れているときなどは、机に座ることすら苦痛に感じるときもあるでしょう。そういったとき、机に座るまでのルーティンを決めておくことが対策として考えられます。夜に勉強するのであれば、歯を磨いて、好きな音楽をかけて、その後に机に座るようにする。そして、3曲ぐらい好きな音楽を聴いたらテキストを開く…という風にすれば、苦痛も和らぐ気がします。この項目とは違う箇所に書かれていた内容となりますが、机に座る時間を決めておくと、より効果的です。

3.ダメなときがあっていいと受け入れる

いきなりですが、仕事が変わり、毎日のように叱られています。当然、落ち込む日もあります。気持ちが落ち込むと、行動意欲もそれに引きずられるように低下してしまいますので、習慣化するにあたっては大きな課題になります。ちなみに、僕が習慣化できずに三日坊主に終わるきっかけはたいてい気持ちの落ち込みでした。自分が「こうありたい」と思う状態との差が激しくて、そんな自分を受け入れることができないんですね。しかし、人生、そんなに右肩上がりでうまくはいきません。デコボコしながらでも、長期的なスパンで見て上がっていればそれでOKとしてあげるのも大事です。なお、気を付けなければならないのが、だからといって行動を止めてよいわけではないということです。ダメなときでも、淡々と行動を積み重ねていくことが重要です。

 

本書には他にもたくさんのスイッチが紹介されていますので、誰でも一つや二つはしっくりくるものに出会えると思います。個人的には、本書を読んで新たな気づきがあったというよりは、「そう言えばうまくいっているときはこんな感じにできていたよなぁ」と振り返る感じでした。3月から、基本に立ち返って、1日の振り返りを習慣化します!!