読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「思考中毒になる!」(斎藤孝著)

こんにちは。
今日は、斎藤孝さんの「思考中毒になる!」という本を取り上げます。

思考中毒になる! (幻冬舎新書)

思考中毒になる! (幻冬舎新書)

 

最近、仕事で「しっかり考えるように」と釘を刺されることが多くありました(一応断っておくと、個人的に指摘されたのではなく、スタッフ全体への訓示のような形です)。
言われてみれば、「ぼんやりと」とは言わないまでも、そこまで考えて仕事をしてはいなかったなぁと思いました。
思考法の本を読むことはあっても、実際に思考しなければ宝の持ち腐れになるだけです。
まずは考える習慣を身につけないとと思い、手に取りました。

今、習慣化について本格的に勉強していて、習慣化には「無意識化」と「中毒化」の2つの側面があると学びました。
「無意識化」はルーティンになるという感じで、「中毒化」は(良い意味で)そのことにハマってやめられない感じです。
思考が中毒化する、つまり、考えることにハマるという境地とはどのような感じなのでしょうか。

注意しなければならない点として、「考えること」と「考えごと」は違うということが挙げられます。
考えごとは、同じような思考を繰り返し、一向に進展しない状態を指します。
僕の場合は、考えごとに多くの時間を費やしていたことに気づき、ハッとしました。

では、普段考えていない人がいきなり思考中毒になれるかというとそれはなくて、元々は考えることが好きだった僕たちも、それが面倒になって避けるようになって今に至っています。
実際、クイズ番組なんかを見ていると、自然に視聴者である自分も答えを考えているのではないでしょうか…?
思考中毒になるために、まずは、考えることに慣れないといけません。
そこで、本書では「思考手帳」をつけることが提唱されていました。
と言っても、全然難しいことではなくて、考えたことを手帳に記録していくだけです。
思考の痕跡を書いていくことで、その時そのときで自分が考えていたことが見える化します。
見える化していれば、後日、同じ内容を考えるにしても一から考える必要がなくなりますし、逆に、記載が全くない日が続けば、その間は「何も考えていなかった」ことになります。
こういったツールを使うことで、思考を強制する意味もありますね!

もう一つ、著者の斉藤さんが強調していたのは、環境を整えることです。
斉藤さんは喫茶店が集中できる場だと述べていました。
逆に、図書館は眠くなってしまって、合わないそうです。
実は、試しに僕はこの記事をスターバックスに入って書いています。
普段、喫茶店に入る習慣がなく、スタバもほとんど利用したことがなかったのですが、ほど良いノイズ、落ち着いた客層と雰囲気で、確かに思考が捗るような気がしています。
同じチェーンでも違う店舗に行ってみるとか、公園など屋外で試すなど、自分に合う環境を探してみるのも、面白いかもしれませんね〜。

なお、今回まとめた内容は、本の前半に集中しています。
後半では、思考のクオリティを上げる方法などについて書かれていますので、気になる方は読んでみてくださいね。

スパイスの効いたシンプルライフ

こんにちは。
今日は、ふと思ったことを書こうと思います。

Diet(ダイエット)をやめて、LIFEet (ライフエット)に変える|Honestly1107|note

僕の知り合いが書かれた、上記のnote記事を読みました。

確かに、「ダイエット=ツラい」ってイメージ、ありますよね〜。
僕も痩せたり太ったりを何度も繰り返しているので、読んで身につまされることがたくさんありました。
ダイエットに悩んでいる方は、一読の価値があると思いますので、ぜひ読んでみてください!

さて、ここからが個人的な感想並びに考察です。
ダイエットに関する負のイメージを払拭するために、ネーミングを変えるとか、それによって捉え方を変えるといったアプローチはすごく重要だと思いますし、共感します。
そもそも、なぜ太るのかを突き詰めていくと、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いからなのだと思います。
その裏には、人間に存在する根本的な欲望があります。
飢えをしのぐために、空腹を感じると、サイレンのような感じで「食べろ食べろ!」とけしかける。
しかもそれはほぼ無意識のうちに行われています。
無意識の力は強大なので、普通にやっていては太刀打ちできません。
だからこそ、イメージや捉え方に働きかけるのが大切だと思うわけです。

もう一つ、シンプルライフについての気づきを書きます。
「粗食にすべし」とまでは言いませんが、「ご馳走」はたまに食べるから「ご馳走」なのであって、毎日のようにお寿司やステーキが出てくる食卓なら、そのありがたみも薄れてくるのではないでしょうか。
旅行にしても同じです。
普段、なかなか行けないから旅行が非日常的な体験となって楽しく感じられます。
今のようなコロナ禍では、旅行などが楽しめなくなっており、誰もが(良い意味での)非日常体験に飢えている状態です。
シンプルライフがベースにあって、そこに適度なスパイスの効いていることがとても豊かな状態なのだと思いました。

その意味で、“LIFEet“って欲に溢れた生活を見直すための含蓄のある言葉だと思いませんか?
かくいう僕は、欲にまみれた結果、体重100kg近くまで増えてしまったので、上記の記事を読んで、またもう一度、ダイエット、いや、“LIFEet“に少しずつ取り組んで行けたらと考えています。

「なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?」(佐々木正悟著)

こんにちは。
今日は、心理学ジャーナリストの佐々木正悟さんによる「なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?」という本についてです。

本書では、主に「タスクシュート時間術」について書かれています。

簡単にタスクシュート時間術についてまとめると、以下のようになります。(本書p62より引用)

  • 「本日1日分の仕事」を1シートで管理する
  • 「これからやる仕事のリスト」と「ここまでにやった仕事のリスト」を一元管理する
  • 「1分以上時間のかかること」はすべて管理する
  • すべての時間の「見積もり時間」を出しておく
  • 「本日1日分の仕事」がすべて終わったら何時になるかの予測を自動算出することで、常に仕事の終わる時間(または就寝時刻)をリアルタイムに把握する

中でも、「1分以上時間のかかることはすべて管理する」となると、かなり大変そうです。
爪を切るとか、トイレといった生理的欲求に基づくものもすべて管理対象となります。
しかし、そこはツールの力を借りることで負担を軽減することができます。
僕は「たすくま」というiPhoneアプリを使っていますが、リピート(繰り返し)機能が充実しています。
例えば「朝食を摂る」といった毎日行うようなタスクであれば、今日それが終わったことをチェックすれば、自動的に翌日のタスクが作成されるように設定できます。

ただ、僕が一番勉強になったのは、「時間がない」というのはどういうことを指すのかということです。
本書では「部屋と家具」の例えが何度か出てきます。
部屋の大きさに対して、家具の数が多すぎたり、家具が大きすぎたりすると部屋には入らないため、置くのを諦めることになります。
これは誰もが納得できることだと思います。

しかし、これが「時間と仕事」の関係になると、話が変わってくるのです。
時間の枠に対し、多少仕事が多すぎるくらいであれば、「気合いでなんとかなる」などといった発想ができてしまいます。
部屋という空間も、時間も、伸びたり縮んだりしないにも関わらずです。
タスクシュート時間術でタスクにかかる時間を見積もるのは、こういった矛盾を無くすためです。
見積もりと実測を繰り返し、見積もりの精度を徐々に高めることで、より効果的に時間を使えるようになってくるわけです。

また、普通の人なら、3時間あれば3時間ずっと集中して仕事をするのは難しいでしょう。
タスクシュート時間術では、「行動」と「休憩」を1セットで考えて、休憩時間も見積もりに含めて考えます。
さらに言うと、たいていの人は仕事をしていれば、電話がかかってきたり、突発的な仕事が入ったり、割り込みが頻繁にあります。
それもシミュレーションに含めることで、時間管理をします。

つまり、「時間がない」ということに自覚的になることから始まるのが、タスクシュート時間術のキモだと言えます。
自分がやりたいことをやる時間を捻出するためには、やってもやらなくてもよいようなことは削ったり、仕事そのものを減らさなければならないことがわかってくるのです。

僕の場合は、毎日のように仕事時間が変わるシフト制のため、一部タスクシュート時間術の運用が難しいところもあります。
しかし、休日の過ごし方など、豊かに暮らせるようにするために大切なことを知ることができました。
まだまだ初心者ですが、少しずつ導入していって、効果的に時間を使えるようになれればと思います。

「人生を面白くする本物の教養」(出口治明著)

こんばんは。

久々の読書記録です。
今回は、ライフネット生命代表取締役会長兼CEOの出口治明さんによる「人生を面白くする本物の教養」という本を取り上げます

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)
 

本書は、教養とそれを身につけるための方法について、出口さんのこれまでの経験などから語られている本です。
僕が個人的に関心を持ったのは、世界から見た日本のビジネスパーソンの教養レベルの低さです。日本の大学進学率は低くないにも関わらず、世界単位で見ると、教養のレベルは低い。これは、日本が歩んできた高度経済成長時代の名残もあるようです。
アメリカに追いつけ追い越せで発展してきましたが、今となっては逆に目標にされるようになり、それでも今なお変わることなく続く職業慣行の影響で、社会で生きていくために学ぶことがそれほど必要とされてこなかったのです。

これに対して、世界のリーダー層は、ビジネス以外の分野、例えば、芸術や文学などの分野にも造詣が深いことが多いそうです。
ビジネスモデルではなく、こういった教養の有無が仕事の成否を分けることもあるということで、シビアな世界だと感じるとともに、企業で働く人にとっては切実な問題なのだろうと思いました。

では、ただのいち介護職である今の僕が教養を身につける必要があるのかといえば、必ずしもそうではないのかもしれません。
しかし、さまざまなことに関心を持って、それについての知識を得ることができれば、興味の幅は間違いなく広がります。それは、人間的な奥行きというか、懐の深さのようなものにつながっていくのではないでしょうか。例えば、利用者様と会話をするときに、思わぬところで話が弾むかもしれませんし、それがきっかけで信頼関係を築くことができるかもしれません。

さて、教養を身につける方法として、出口さんは「本・人・旅」の3つを挙げていました。
確かに、魅力的な人(容姿ではなくて人間的に魅力のある人)に出会うと、僕もすごく刺激を受けます。そのような人は確かに「教養のある人」だと思うし、人間的な器が大きい。
そして、旅に出れば、ご当地の料理や名所、風習などに触れることができ、見識が広がります。
本は言わずもがな…。
僕の場合、本はともかく、人と会ったり旅に出たりということについては、間違いなく経験不足です。本書を読んで、自分の引き出しの少なさを痛感させられました…

本書からは決して説教臭さは感じなかったものの、僕は危機感を覚えました。
これからの日本人が世界の人たちと本当に渡り合っていけるのか?
そのためには果たして現状のままでいいのか?
そういったことを考えさせてくれる本でした。

何度目かの再開

こんばんは。

半年近くブランクができてしまいました。
新しい職場で夜勤が始まったり、それに伴って体調が悪くなったりで、ブログを書くモチベーションが下がっていたのが原因です。
また再開するに至ったのは、ようやく夜勤のある生活に慣れてきたのが一つ、そして、全く記事を投稿していないにも関わらず、ここ数日、何人かの方がブログを訪れてくださっていたのがもう一つの理由です。

読書内容のまとめが中心のスタイルは変わりませんが、思いつきでいろいろなタイプの記事を書くかもしれません。
一般人がのんびりやっているブログなので、マイペースで書きたいことを書くスタンスで行きたいと思います。
そのあたりは、ご容赦ください…

再開の手はじめとして、出口治明さんの「人生を面白くする 本物の教養」という本を読もうと思います!