読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「禅、比べない生活」(枡野俊明著)

こんばんは!

今日は曹洞宗徳雄山建功寺住職で、庭園デザイナーでもある枡野俊明さんの「禅、比べない生活」という本についてです。

 

他人の評価に振り回されずに生きたいと思う僕が、本屋さんをぶらついていて見かけた本です。ほぼ中身を見ずに買いました。

しかし、以前に読んだ同じようなテーマの本と内容がさほど変わらなかったので、新たな発見は少なかったです。「(過去でも未来でもなく)今を大切に生きる」「他人との比較に軸を置くと、他人を押しのけてでもという気持ちが生まれるからよくない」といった考え方は、以前読んだ本にも書いてありました。

僕がこの本から学んだのは、比べる相手を他人ではなく自分にするというものです。類書ではそもそも比べること自体を否定していますので、自分を競争相手にするという視点は勉強になりました。ちなみに、禅では自己嫌悪や自己否定を忌み嫌うようです。これまでの自分を超えるために「今」に集中するわけですね!

他に本書の特徴を挙げてみると、

  • 禅の考え方をベースに書かれているため、ときどき禅語が出てくる
  • 「比べる」と言ってもいろいろあるが、中でも競争社会ですり減らさずに生きていくための方法に力点が置かれている

といったものがあります。著者の枡野さんはたくさんの本を書かれているみたいですので、以前に枡野さんの本を読んだことがある方にはより入ってきやすいのではないかと思います。