読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「“税金ゼロ”の資産運用革命」(田村正之著)

こんばんは。

今日は田村正之さんによる「“税金ゼロ”の資産運用革命」という本について書きます。

 

“税金ゼロ

“税金ゼロ"の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資

 

 著者の田村さんは日本経済新聞編集委員ということですが、証券アナリストやファイナンシャル・プランナーでもある方です。サブタイトルにもありますが、本書は主につみたてNISAやイデコについて書かれています。

金利が非常に低い現代にあって、所持しているお金自身にも動いてもらう資産運用の考え方がかなり一般的になってきました。僕自身も現在、課税口座を使って投資信託で積み立てています。ちなみに、現在積み立て始めて1年ほどで、しかも昨年末に株価が急落したことから、今は若干ですがマイナスとなっています(積立投信の場合、10年単位の長い期間をかけて運用するものなので、1年程度の短期間での結果はさして重要ではありません)。

そんな折、友人が「つみたてNISAを始めた」と話していたのを思い出し、本書を手に取りました。そもそも、つみたてNISAやイデコとは何かというと…

つみたてNISA:積み立て方式の小額投資非課税制度。年40万円を上限に積み立てられる投資信託の値上がり金や分配金に対して、税金が課されない。非課税期間は最長20年。(本書p12より)

イデコ:個人型確定拠出年金。掛け金を出した段階でその分がまるまる税金の計算から外れ、「掛け金×税率」分の税金が返ってくる。(本書p12より)

というものになります。例えば通常の投資の場合、運用益に対して20%の税金が取られるので、その分もまるまる儲けになるとすれば、とても大きいのではないでしょうか。

僕は専門家でもなんでもないので、詳しくつみたてNISAやイデコについて述べたり、ましてや投資を勧めるつもりは一切ありません。それぞれの制度の内容については、本書を読んだり、他にもムック本などがたくさん出版されているようなので、そちらでご確認いただければと思います。

それよりも、これらの制度がもたらすメリットやデメリットをきちんと理解しておくことは、長い人生を設計するときの大きな力になるということの方を知っておくべきだと思います。また、積み立て投資、分散投資等の考え方を知れば、投資に対する怖いイメージも少しは払しょくでき、お金を増やすための新たな選択肢を得ることができるのではないかと思います。

本書ではつみたてNISAやイデコはもちろん、通常のNISAや企業型確定拠出年金などについても章を割いて丁寧に解説されているため、それぞれの読者が置かれている状況に合わせた資産運用を考える良いきっかけになると思います。また、これは個人的な感想かもしれませんが、変にどちらかに偏ったものではなく、フラットな視点でごくごく一般論が書かれていると思うので、その点も良いと思います。少なくとも「大儲けしたい」という方は他を当たった方がよいでしょう(笑)

年金受給年齢も、この先引き上げられる可能性が高いと思いますので、きちんと老後の生活も考えておきたいですね。

積み立て投資の考え方について書かれた本もこのブログで以前にご紹介していますので、気になる方は下記をご覧ください。

azreader.hatenablog.jp