読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「初速思考」(金田博之著)

こんばんは!

3連休が終わり、今日は仕事に行くのが憂鬱でした。また明日以降、気分を盛り上げていかないといけませんね(^-^)

さて、今日は金田博之さんによる「初速思考」という本を取り上げます。

初速思考

初速思考

 

このブログでは、過去に2冊、金田さんの本を取り上げました。いずれもかなり具体的なノウハウが書かれていて、とても参考になったのですが、本書はその2冊を足して2で割ったような内容に感じました。

全編を通じて強調されているのが、成功体験を目に見える形でノートやデバイスに毎日記録していくこと。テーマは決める必要はなく、また、仕事のことばかりでなければならないわけでもなく、まずは毎日記録していくことを習慣化するのが重要になります。記録を蓄積していく中で、徐々に特定の場面で活かせるノウハウが集まってきます。それをテーマ別に「アクションリスト」としてまとめ、作成したアクションリストに基づいて、スピード感を持って目に見える結果を出していきます。

「29歳からの人生戦略ノート」(金田博之著)での書き方だと、個人的には少し取り入れるにはハードルが高く感じられ、もしかするとノートを書くこと自体が目的化してしまいそうな印象を受けました。しかし、本書では、その方法自体は変わらないにも関わらず、初速を上げて成果を挙げるという本来の目的につながるような文章表現に感じられたので、そこが良かったと思います。

まとめると、「結果は「行動する前」に8割決まる」(金田博之著)で取り上げられていた「ベンチマーク」(→自分が高めたいテーマについて優れたスキルを持っている人をマークし、徹底的にやり方を真似たり参考にする考え方)を通じて、自分で試してみる。そこで成功体験が得られれば、記録に残していく。それを積み重ねて自分専用の成功パターンを構築する…という流れになります。

また、できあがった成功パターンは、一度作ったら終わりではなく、より良いものにブラッシュアップするのが大切になります。

PDCA本の多くはチームで回すことを念頭に置いた内容が多くなっていますが、個人を成長させるフレームワークとしてPDCAを活用したい方にとっては、本書はとても良いと思います。

過去2冊については、以下の記事をご確認ください。

「結果は「行動する前」に8割決まる」(金田博之著)その1 - 読書記録 for me

「29歳からの人生戦略ノート」(金田博之著) - 読書記録 for me