読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

2019年の抱負

こんばんは。

ここのところ読書記録が続いていたので、少し違うことが書きたくなりましたので、今日は「2019年の抱負」というテーマで書こうと思います。

本当は「2019年の目標」と書きたかったのですが、「目標」としてしまうと息苦しい感じがしたので、少しだけ緩めました。

 

早速ですが、今年は「毎日を目的意識を持って過ごすこと」に力を入れたいと思っています。

先日、「ザ・コーチ」(谷口貴彦著)という本をご紹介しましたが、そこで改めて今の自分が何となく日々を過ごしていることを痛感しました。また、このブログではまだ記事にしていませんが、「修身教授録」(森信三著)という本を読んでいても、一人の人間として生きていく意味をすごく考えさせられています。

2019年はこの「何となく」の生活から脱却し、日々丁寧に生きていきたいです。ただし、頭の中で「何となく生きていてはダメだ」と思っているだけだと、それこそ何となく「何となく生きていてはダメだ」という域からは脱することができないと思います(←わかりにくい文章でスミマセン)。だから、手帳やノートに書いたり、データ化するなど、きちんと目に見える形にしていく必要があります。

今のところ、「ザ・コーチ」に倣って、死ぬまでに叶えたいドリームリスト100をつくっています。そのうち一つにでも、この一年で近づきたいと思います!!