読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「ランニングする前に読む本」(田中宏暁著)その1

おはようございます。

今日はスロージョギングの提唱者で、福岡大学スポーツ科学部教授の田中宏暁さんによる「ランニングする前に読む本」をご紹介します。今回は、その前半部分についてまとめます。

 

 タイトルは「ランニング」となっていますが、ウォーキングとの運動機能面や効能面の違いや、フルマラソンを完走するための方法などについても触れられており、広く「走る」「歩く」ことについて学べる本です。

 

早速ですが、スロージョギングは歩くのと同じくらいの速さでジョギングすることです。しかし、それにはちょっとしたポイントがあって、次の2点となります。

1.「にこにこペース」でゆっくり走ること

「にこにこペース」とは、「息を切らすことなく、笑顔を保っておしゃべりできる上限のスピード」(本書p63より引用)となります。マラソンランナーと僕のような運動不足の人間が、同じ距離を同じ速度で走ることを想定すればわかるように、運動するときに感じるキツさには個人差があります。スロージョギングをするときのペースでは、この主観的なキツさがひとつのバロメーターになります。科学的見地からの根拠も述べられているのですが、気になる人は実際に本を読んでみてください。

2.歩幅を狭くして、フォアフット(足の指の付け根あたり)で着地すること

多くのランナーはかかとから着地しており、ストライドを広くすることで距離を稼いでいます。しかし、かかとで着地すると負担が大きいようです。その場でジャンプしてみればわかるのですが、かかとからジャンプしても高く飛べませんし、かかとから着地しても衝撃が非常に大きいです。一方、単に「その場でジャンプしてください」と言われれば、意識せずとも足指の付け根あたりから飛んで、着地もそこで行っていることに気づくと思います。フォアフットで着地して、歩数を多くすることがスロージョギングのポイントとなります。

以上のポイントを踏まえて、僕もここ数日スロージョギングに取り組んでいます。最初はウォーキングと同じコースで15分ほど、そして今日は同じコースを初めて2周して30分ほど走りましたが、案外疲れはありませんでした。正直に言うと、2周走った今日は足に少しだけダルさを感じましたが、それはまだフォームが定着していないことによるものではないかと思います。

前半部分で勉強になったのは、「スロージョギングの場合は準備運動は必要ない」こと、「走るために筋トレをする必要はない」ということでした。言われてみれば確かにそうなのですが、人間、普通に生活していたら、移動のときは歩いています。スロージョギングはウォーキングの延長線上にあるものなので、普段の生活が準備運動みたいなものになるんですね。また、走れるように筋トレをするという人も多いと思いますが、ジムでマシンを使って行う筋トレは、走るときに使う箇所とは違うところを鍛えるものが多く、筋肉量が増えることで身体が重くなってしまうため、デメリットにすらなりうると著者の田中教授は語っています。

このように、個人的には目からウロコのような内容がいくつかあり、しかも負担感も少ないので、「やってみよう!」という気持ちにさせてくれました。僕の場合は減量が第一目標なので、結果が出るのはまだまだ先となるでしょう。しかし、まずはウォーキングから一歩進めるきっかけとなったという点で、すごくよかったなぁと思っています。後半ではスロージョギングの効用やフルマラソン完走の方法が書かれているので、そちらについては次回の記事でまとめようと思います。