読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「世界に通用する「走攻守」の基本」(高代延博著)

こんばんは。

今日は、現在、阪神タイガースの作戦兼総合コーチである高代延博さんの「世界に通用する「走攻守」の基本」という本をご紹介します。

 

世界に通用する「走攻守」の基本 (竹書房文庫)

世界に通用する「走攻守」の基本 (竹書房文庫)

 

 サブタイトルに「小・中学生に伝えたい!」とあるように、この本は子ども、そしてその子どもを指導する人に向けて書かれた野球技術書になります。

現在、僕は草野球チームに入っています。中学生までも野球をしていましたが、そこからのブランクが長すぎたためか、投げ方からおかしくなってしまい、心から野球を楽しめなくなっていました。基本に立ち返る必要があると感じて、写真がいっぱい載った少年野球向けの本を読んだりもしたのですが、どうも僕は左脳派のようで、写真を見ても動きがうまくイメージできませんでした。

この本にも写真は出てきますが、技術の主な説明は文章となっています。それが僕にはすごく性に合ったみたいで、それこそ、「ボールってそうやって握るんだ!」というレベルからの理解でしたが、これからの草野球ライフにすごく役立ちそうな気がしました。

細かな技術の話は本書を読んでいただくとして、この本で高代さんが伝えたがったのが「野球の楽しさを知ることの大切さ」でした。

少し話が逸れますが、先日、朝のワイドショーで、少年野球の試合中に監督が子どもに体罰をしている動画が流されていました。その子はランナーへのタッチが(監督から見れば)うまくできなかったようで、チームメートや親御さんの目もはばからず、監督は体罰を加えていました。しかも、その後も試合中ずっと、ネチネチとプレーに対して文句を言い続けていました。

でも、それによって子どもがうまくなるかというと、甚だ疑問です。むしろ、ミスを怖がるようになるかもしれませんし、そもそも野球が嫌いになってしまうかもしれません。監督としてはチームの勝利を追求して叱責したのかもしれませんが、僕にはただ監督が機嫌に任せて怒ったようにしか見えませんでした…

ひとつのニュースを例に出しましたが、高代さんはこういった現在の子どもたちの野球を取り巻く風潮に疑問を投げかけています。「チームの目先の勝利よりも大切なことがあるのではないか?」「少年野球にヒットエンドランなどの複雑なサインプレーが必要なのか?」「まずは『野球って楽しい!』と思えることが一番ではないのか?」など、高代さんの問題意識がところどころに出てきました。

僕も高代さんの意見に賛成です。思い出してみれば、中学生のとき、なかなか打てない時期が続いて、バッティングフォームを大きく変えたことがありました。当時の僕にはそれが打ちやすい構えだったのですが、チームメイトには変な構えに映っていたようで、揶揄されることもありました。しかし、ある日の練習で顧問の先生にふと「おぉ、(打球が)飛ぶようになったなぁ」と言われたんです。何気ない一言でしたが、すごく嬉しかったことを20年以上経った今でも覚えています。もっと上手な人は違うのかもしれませんが、下手くそだった僕はもしかするとそんな瞬間のために野球をしていたのかもしれないなぁ…と思ったりもしました。

何事も楽しくないと続きません。本書では練習法にも触れられていますが、そこでもやはり重視しているのは「楽しさ」です。基礎練習は単調になりがちで、子どもの場合はすぐに飽きてしまう可能性があります。そこをいかにして工夫するか。指導者にはそういった創造性も求められると述べていました。

今回は内容のまとめというよりも、読書感想文みたいになってしまいましたが、今からでもまた野球を楽しめるよう、頑張ってみようと思います!!