読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

プロ野球3リーグ制ってどう??

こんばんは。

7月9日からの広島ー阪神3連戦が大雨の影響ですべて中止となりました。被災された方がたくさんいる状況で、のん気に野球の試合をしている場合ではないので、中止の決定はやむを得ないと思います。

さて、3連戦中止の報を受けて、「(特に阪神が)日程を消化できるのか!?」という声がネット上であがっています。今年は中止がもともと多かったところでの、さらに3試合中止確定ということで、9月には20連戦やダブルヘッダー(1日に2試合行うこと)が組まれるのではないか?というのです。

でも、こればっかりはどうしようもありません。決められた代替日に試合をするしかありません。こういう事態にもメゲずに良いプレーを見せるのがプロの選手だと思います。

むしろ僕がここで問題にしたいのは、クライマックスシリーズ(以下、CS)の存在です。CSが控えているため、ここまでにはレギュラーシーズンはすべて終了しておきたいわけです。仮に阪神がCS進出も絶望的な状況だったとしても、相手チームはそうとは限りません。まして、今シーズンは2位以下が団子状態だからさらにタチが悪い…

 

そこで、僕は「3リーグ制にしたらよいのでは?」と思ったわけです。私案は以下のとおり。

・リーグは単純に東地区(日本ハム楽天、ロッテ、巨人)、中地区(ヤクルト、西武、横浜、中日)、西地区(オリックス阪神、広島、ソフトバンク)で分けます。

・試合数は同地区どうしを多めにし、他地区のチームとも数試合ずつ組む(参考までに、他地区チームと10試合ずつ、同地区チームと20試合ずつにすれば、合計で10×8+20×3=140試合になります)。

・他リーグとの試合が増えるから、新鮮味という観点から、オールスターは必要ないでしょう(→オールスター休みが必要なくなる。前半戦の予備日として空けておくのもアリ)。

ポストシーズンは各リーグの首位計3チームと、2位チームの中で最高勝率のチーム(メジャーでいうところのワイルドカード)の、合計4チームで日本シリーズをやる。第1ステージは5試合制、第2ステージは7試合制(現行のポストシーズンは、第1ステージ3試合制、第2ステージ6試合制、日本シリーズ7試合制なので、3~4日は短縮できます)。

 

一応、デメリットも考えてみました。

・巨人、阪神など人気球団の入らないリーグ(私案を例にすれば中地区)の興業面の問題。

・ドラフト指名順をどう決めるか?

・日程を組むのがたいへんかも?

でも、案外、これらも大したことはない気がします。「人気球団」の概念も揺らいでますし、ドラフトは単純に、リーグ関係なく勝率の低い順からにすれば解決します。最悪、オールスターを3リーグの総当たりにして、順位づけをしたら良いのです。

まぁいろんな事情(思惑?)があって3リーグ制にはならないでしょうが、プロ野球の人気回復のため、抜本的に仕組みを変えていく必要もあるのではないでしょうか?

 

最後になりましたが、今回の豪雨で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興を祈っております。