読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

頑張れ!阪神

こんにちは。

今日は野球、というか、阪神タイガースの話です(笑)

先ほどまで阪神vsヤクルトの中継を見ていましたが、今日の甲子園の天気と同じく、何とも寂しい試合内容でした。まだ9回表でしたが、絶望的な状況だったので、部屋に戻りました。

現状、投手陣は若手の小野投手や高橋遥人投手が好投を見せるなど、まずまず順調です。今年のキーマンと思っている藤浪投手も、昨日は復調の兆しが見える内容でした。

問題は野手陣…福留選手が攻守にわたり、大活躍しているものの、どうも乗り切れない。四番に座るロサリオ選手がこのところ大ブレーキとなっていて、どうしてもそこで攻撃が切れてしまっています。当然、高い年俸を払って連れてきたロサリオ選手にはやってもらわないと困ります。しかし、今のところはほとんどが初対戦の投手。状態の悪さも相まって、期待通りの結果は出ていませんが、真価が問われるのはまだ先だと思います。

むしろ、気になるのは1~2番に座る選手。今のところ、「高山選手or俊介選手」と「鳥谷選手or上本選手or西岡選手」の組み合わせで使われていますが、個人的には相手投手の左右を問わず、「1番上本選手・2番俊介選手」の組み合わせが現状はベストだと思っています。

上本選手は身体は大きくないもののパンチ力があり、かつ3選手の中で最も機動力を使いやすい選手です。また、相手投手から見ても一番イヤな打者だと思います。守備力に不安はありますが、それはコンバート直後の鳥谷選手や、西岡選手についても言えること。上本選手にはケガが多いなどの課題もありますが、なぜここまで出場機会に恵まれないのか、僕には疑問です(鳥谷選手や西岡選手との契約が関係しているのか?と勘ぐってしまう)。

俊介選手は今のところヒットも出ていませんが、センターに入るなら守備力がある程度は欲しいところです。レフトとライトがベテランなだけに、守備が気になる高山選手だと、両翼のベテランの負担が増えるのではないでしょうか。また、高山選手はバットコントロールは良いものの、それがためにどんなボールも打ちに行けてしまうため、出塁率という面ではどうなのか。俊介選手はバントがそれほど上手くないのが難点ですが、まぁこれができていたらたぶん普通にレギュラーになっていると思いますので…

しいて言えば、2番に糸原選手を持ってきて、ノーアウト1・3塁の形を積極的に狙っていく組み方もアリかもしれませんが、今は7番で良い感じで打っているので、これはオプション程度で考えています。

少し話は逸れますが、開幕時には植田選手、島田選手をメンバーに入れて、足のスペシャリストを用意する方針を立てていたようですが、フタを開けてみれば、「ここで代走来るか?」と見ていてもそのままだったりするなど、案外そういった起用は見られませんでした。結局、守備力や機動力は軽視されてるんですかね~。

今日の試合を見ていると、阪神はちょっと連敗が続くような感じもしますが、他球団も決め手に欠けており、ロケットスタートするチームはありませんでした。団子状態のうちに、テコ入れしてほしいと思いますが、どうなることやら…?