読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「アマゾンと物流大戦争」(角井亮一著)

おはようございます。

今日は物流コンサルタントである角井亮一さんの「アマゾンと物流大戦争」という本についてです(注:角井さんの「かく」は、真ん中が突き出る方の「かく」です。スマホで変換しても出てこなかったので、すみません…)。

 

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)

 

 みなさん、ネット通販は利用されていますでしょうか?僕は本を中心に、ときどきネット通販を利用していますが、ニュースで運送会社のドライバー不足や、それによる運送トラブルの問題のことを知り、ネット通販やそれを取り巻く物流について興味を持っていました。

先に結論から言いますと、ネット通販を利用している方には、一度本書を読んでみてほしいと思います。物流についてまったくの素人である僕でも内容は理解できましたし、これからの生活はネット通販と切っても切れない関係になるためです。

ネット通販は大きく分けて「総合ネット通販」と「モール型ネット通販」の2つになります。「総合ネット通販」の代表格が本書のタイトルにも出てくるアマゾン、一方、「モール型ネット通販」の代表格が楽天市場やヤフーショッピングとなります。

ネット通販の成否を左右するのはロジスティクスです。ロジスティクスとは、「企業の物流合理化手段」のことを言うそうです。総合ネット通販の場合は一社で在庫管理や包装、配送手続きなどすべてを担うのですが、アマゾンはロジスティクスに非常に力を入れた結果、ここまでの急成長を遂げました。一方、モール型ネット通販の場合は、たくさんの会社が例えば楽天市場に参画することで、幅広い品揃えを迅速に行うことができました。しかし、たくさんの会社がそれぞれのやり方で配送することになるため、ロジスティクスには少し弱い側面があったのです。

長くなるので詳しくは書きませんが、アマゾンはマーケットプレイスなど、さらにいろいろな仕組みをつくって、ありとあらゆるものを売れる会社にしようとしています。しかも、その背後にはアマゾンがつくった仕組みを利用する企業を将来的にはアマゾンが「飲み込む」ような仕掛けもあったりするのです…

じゃあ日本にはロジスティクスの面で優れた企業はないのか?というと、そんなことはありません。例えば、僕もアカウントを持っているヨドバシカメラ(ヨドバシ.com)。ネットで買い物をするときには案外重要な要素となる配送料ですが、ヨドバシ.comは一部離島を除けばすべて無料です。僕の体験談となりますが、以前、4色ボールペンの緑のインクがなくなりました。緑の替芯はなかなか近くの店には売っていないので、やむを得ずヨドバシ.comで替芯のみを買ったのですが、翌日には届いた記憶があります。もちろん、送料は無料。ありがたさを感じる一方、運送屋さんにはどこか申し訳なさを感じました(^^;)

ロジスティクスでアマゾンに対抗できないなら、これからはネットとリアル店舗の協働やアマゾンでは取り扱えないようなオリジナルの商品開発、配送方法に活路を見いだしてはどうかと著者の角井さんは述べています。どこに力点を置いてビジネスを展開するか、ネット通販企業の力量が問われる時代ですね!

最後にひとつだけ。翌日配送、下手すれば当日配送すら当たり前のように感じられる昨今てすが、そこには運送屋さんの不断の努力があります。僕も、注文したものが家に届いたときに不在だったため、再配達を依頼したことが何度かありますが、これは運送屋さんの大きな負担となります。ユーザーの方も運送屋さんのことを思いやり、気持ちよくやりとりできるよう協力しなければならないと思いました。