読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「スマホ時代のタスク管理「超」入門」(佐々木正悟・大橋悦夫著)

こんばんは。

今日は、佐々木正悟さんと大橋悦夫さんによる「スマホ時代のタスク管理「超」入門」という本についてです。

 

 佐々木さん、大橋さんはシゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌というブログでおなじみのお二人で、仕事を効率的に進めたり、スピーディーにこなすための方法をたくさん提唱されています。

スマホはもはや仕事だけでなく生活全体に欠かせない身近なものとなりました。僕も仕事がだんだんと忙しくなってきており、業務の効率化を目指して読み直してみました。

主に文章を書いているのは佐々木さんだと思うのですが、初めて佐々木さんの文章を読む方にはクセが強く感じられるかもしれません。でも、 言わんとしていることはいたってシンプルであり、手法も具体的だと思います。

僕はTodoistというタスク管理ツールをメインで使っていますが、やはりタスク管理をするのとしないのとでは、記憶に頼る部分がグッと減るため、その分ストレスは少なく済みます。また、チェックリストの考え方も日々の業務に活かしていますので、周囲からは「仕事が速い」と言われることが多いです。

本書を読み直して改めて参考になったのは、プロジェクトの進め方についてです。ちなみに、プロジェクトとは「1日では完了できない仕事のこと」となります。僕の場合、日々の業務を振り返ってみると、どうしても思いつきでやっていることが多い。目標はある程度はっきりしているのだけれど、そこに向かってタスクに分解し、日々の業務に落とし込んでいくという手続きが不十分でした。

だから、ときどき「今やっている仕事って何のためなのだろうか?」と思う瞬間があります。業務が「他人の不満を解消するためのもの」に終始してしまっている状態となっているんですね。そうではなくて、「自分が本当にやりたいこと(やらなければならないこと)」を進めるために、プロジェクトを細かくタスクに分解していって、一つひとつこなしていくことで、少しずつ前に進めていくのが大切になります。

もう一つの気づきは、僕の現状のタスク管理はまだ不完全だということでした。先ほど、Todoistを「メインで」使っていると書きました。つまり、他にもあるということです。具体的には、紙の手帳であったり、Googleカレンダーとなります。気づいたときに手帳に書き加えた予定をTodoistに転記するようにはしていましたが、タスク管理は本来、システムであるべきというのが著者の考えです。Todoistを親玉にするのだったら、Todoistに「(子分である)手帳の予定を転記する」というタスクが繰り返し表示されるように設定しておかなければなりません。本当にやるべきことに没頭できる状態をつくりたいなら、そこまできっちり管理するのがあるべき姿なのでしょう。

中にはこういったツールに対する拒否感がある人もいると思います。しかし、Todoistも含めて、基本的な機能は無料で使えるものがほとんどてすので、日々仕事に追いまくられているという方ならば、ツールについてインターネットで調べてみて、タスク管理の考え方に触れてみてはいかがでしょうか??

Todoistについては、以下のリンクをご参照ください。

Todoist: あなたの生活を体系化するタスク管理アプリ