読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

2018年セ・リーグ順位予想!

こんばんは。

今日2回目の投稿です。

今回は意味もなくプロ野球セ・リーグの順位予想をしてみます!

今年のセ・リーグ、結構面白くなりそうな気がしています。僕は阪神ファンなので、できるなら阪神に優勝してほしいですが、さてどうなることやら…

 

僕の予想は次のとおり。

 

1位 ヤクルト

2位 広島

3位 阪神

4位 巨人

5位 横浜

6位 中日

 

以下、予想の根拠を述べます。

【1位 ヤクルト】

もともと打線はリーグ随一だと思うんです。ただ、ケガ人が続出して、最終的に低迷…というパターンだったと思います。今年はメジャー帰りの青木選手が加入しました。青木選手個人がどうこうというより、野手の選手層がさらに増したところに怖さを感じます。監督やコーチ陣も変わり、心機一転、今年はかなり頑張るのではないかと見ています。打線が投手陣を引っ張るチームになると見ました!ヤクルトの場合は、キーマンが誰というよりは、ベストメンバーでどれだけ試合ができるかでしょう。

 

【2位 広島】

なんだかんだで広島はこのあたりには食い込んでくると思います。監督、選手とも勝ち方がわかったでしょうし、主力も若い選手が多い。ただ、この2年のようにはいかないのではないかと見ています。特に投手陣。中継ぎや抑えで少し苦労しそうな予感がします。キーマンは中崎投手にします。

 

【3位 阪神

優勝してほしいとは思いますが、僕の予想では阪神は3位となりました。理由は先発陣で計算できる人が少なすぎるということ。メッセンジャー投手と秋山投手以外は正直、投げてみないとわからない選手ばかりだと思います。新外国人のロサリオ選手が注目されていますが、.280、25本、100打点が精一杯かなと予想しています。キーマンはベタですが藤浪投手とします。ただ、勝ち星云々ではなく、1年間ローテーションを守ってイニング数をどれだけ稼いでくれるかが僕の中でのポイントです。

 

【4位 巨人】

マイコラス投手が抜けた穴は大きいと見ています。また、スタメンに右打者がかなり多くなると思います。昨年はBクラスでしたが、それでも他球団は巨人を確実にマークすると思いますので、右の好投手を徹底的にぶつけられたらしんどいのではないかと見ています。キーマンは左打者で主力の阿部選手かな~。

 

【5位 横浜】

先発陣はかなり充実しており、クリーンアップも強力。しかし、野手の選手層が少し薄いと思います。大和選手が加入したとはいえ、年間通じて働けるかどうかは微妙かと思います(守備での貢献度はものすごいと思いますが)。キーマンは宮崎選手。マークがきつくなる中で、昨年と同じくらいの成績が残せるかどうか。

 

【6位 中日】

ロースコアで守り勝つ野球を目指すことになると思いますが、2~3人若手から台頭しないと少し戦力的に厳しいかなと見ています。話題がここ数年活躍できていない松坂投手に偏っているのも少し寂しい気がしています。キーマンは外国人野手全員。これらが期待通りの活躍をすれば、若手とベテランがかみ合った面白い打線になると思います。

 

いかがでしたしょうか?

プロ野球選手でもなかなか当てられない順位予想なので、一生懸命考えたとは言え、僕が当てられるとは思いません。でも、こうしてあれこれ想像しながら野球を楽しむのも、ひとつの醍醐味なのかなと思います。

さて、秋にはどんな結末が待っているのでしょうか!?