読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「一流の習慣術」(奥村幸治著)

こんばんわ。

今日は奥村幸治さんによる「一流の習慣術」という本についてです。

 

一流の習慣術 イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (SB新書)

一流の習慣術 イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (SB新書)

 

 著者の奥村さんは若いときにあのイチロー選手と出会い、バッティングピッチャーを務めることで、イチロー選手が一流たる所以に触れました。そのときの経験を活かし、自ら中学生の硬式野球チームを設立し、今度はマー君こと田中将大選手を輩出することになりました。なお、タイトルに「習慣術」とありますが、行動よりも日頃からの意識の持ちように重点を置いた内容になっています。

イチロー選手を語るうえで外せないのが、ルーティンに対するこだわりです。ルーティンはもちろん、自分なりの儀式的な行動を決まったタイミングでとることで、ある種のマインドセットのような役割を果たします。ここで大事なのが「自分なりの」というところで、例えばイチロー選手のようになりたいからと言って、イチロー選手と同じルーティンをすれば同じようなパフォーマンスができるというわけではありません。自分がどうすれば普段通りの力を発揮できるのか、日々の実践の中で試しながら定着されていくものなんだと思います。ルーティンそのものが目的になってはダメで、あくまでルーティンは良いパフォーマンスをするための手段でなくてはなりません。

一点付け加えておくと、ルーティンを真似することが絶対に悪だと言いたいわけではありません。よく「かたちから入る」と言いますが、上級者の真似をすることでその境地に少しでも近づこうというのなら、それは意味のあることだと思います。その辺りを自分の中できちんと意識できているかどうかが問題です。

個人的に面白かったのは、「ルーティンをこなせないときのことを想定しておく」という項目です。イチロー選手は普段から全体練習の数時間前から球場入りしています。しかし、不測の事態で球場入りが遅れてしまうことも考えられます。こういったときにどう対処するかを考えておくという内容なのですが、イチロー選手はこれをオールスター戦の日に試したというのです。野球好きの方はご存知かと思いますが、オールスターは「球宴」と呼ばれることからわかるように、お祭りのような日です。それすら自らの成長のための実験場にしてしまうというのがイチロー選手らしいなぁと思いました。

本書は野球の話が多いので、野球を知らない人にはイメージが湧きづらいかもしれませんが、文章自体は平易で字も大きいので、どなたでもサラッと読めると思います!