読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「質問力」(齋藤孝著)

おはようございます。

今日は齋藤孝さんの「質問力」という本についてです。

 

質問力 ちくま文庫(さ-28-1)

質問力 ちくま文庫(さ-28-1)

 

 仕事柄、地域住民にいろいろ話を聴いていくことが求められているのですが、正直に言って会話が少し苦手です。「まずは聴き上手になりましょう」とよく言われるのは知っているのですが、何をどういうふうに聞けばよいのかがいまひとつわからない。そのため、結果的には内容が深まりにくい、外側をなぞるような質問しかできず、生産的な会話になっていないのが現状です。

齋藤孝さんの本は何冊か読んでいます。齋藤さんは、いろいろな内容を腹に落ちるレベルで理解され、それを独自の視点で表現するのがとても上手な方だと思っています。本書では、良いコミュニケーションをとるために、「質問」という切り口でその方法論を述べています。ただ、コミュニケーションという実体のないものを扱っているので、どうしても感覚的な理解にとどまってしまうところは否めません。日頃のコミュニケーションを、本書を読みながら振り返るようにすることで、少しずつ良い会話ができるようになるのかなぁと思います。

 僕が一番参考になったのは、質問を座標軸で考える方法です。本書では座標軸で考えるときのいくつかのパターンが出てきます。例えば、縦軸に具体性、横軸に本質性を設定するというもので、次のように分類できます。

・具体的かつ本質的な質問:当然のことながら、これが目指したい質問

・抽象的かつ本質的な質問:この場合、答えも抽象的になってしまう

・具体的かつ非本質的な質問:専門家に専門分野と関係ないことを聞くといったもの

・抽象的かつ非本質的な質問:どうでもいいような質問

自分がした質問が、これらのどの領域に入るか、振り返る習慣を持てば、少しずつかもしれないけれども改善していくことができそうです。座標軸の他のパターンについては、本書をご覧ください。

 齋藤さんはこれらを「技化」していくことが大切としています。「技」ということは、たとえ今は苦手でも、練習すれば上達することができるものと捉えているということになります。僕はついつい「抽象的かつ本質的な質問」をしてしまう傾向があるので、できるだけ振り返るようにしたいです(^^;)

最後に、本書の多くの部分は、たくさんの著名人の対話を事例として出しており、その会話のどこが素晴らしいのかを齋藤さんが解説するというスタイルになっています。文中には会話がたくさん出てくるので、とても読みやすい本と言えます。折に触れて、また読みたいなぁと思います!