読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「はじめての積立て投資1年生」(竹内弘樹・尾上堅視著)

 こんばんは。

今日は竹内弘樹さんと尾上堅視さんによる「はじめての積立て投資1年生」という本についてです。

はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)

はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)

 

以前、いろいろなことに関心を持っていたときに、ネット証券の口座を開きました。しかし、なかなか投資を続けることができないでいました。まずは基礎に立ち返ろうと思い、この本を読んでみることにしました。

 

続けられなかった原因として、この本を読んだ後になって思うのは、ちゃんと投資信託について理解できていなかったなぁということ。損をしたわけではありませんが、積立て投資の性質を理解していれば、また違った行動をとっていただろうなぁと思います。

積立て投資は、仕組みさえ作ってしまったら続けるのはカンタンです。ちなみに、僕の年齢(30代後半)からでも、20~30年かけて運用していくことになります。定期的に配分のバランスを見直したり、世の中の動き(→年金受給年齢の引き上げや消費税上昇など)を捉えて目標を設定し直すことは絶対にしなければなりませんが、基準価格の変動に一喜一憂するといった感情の入る余地をなくし、淡々と積み立てていくのがポイントです。

また、手数料は運用にあたってとても大きな要素であること、配分金には大した意味がないこと(→著者は「まやかし」とまで言っています)、目論見書を見るときのポイントなどが、非常にかみ砕かれた表現で述べられており、とてもわかりやすかったです。

 

最後の方には、ケーススタディで積立て投資に失敗する人の行動とその特徴や、「では、どうしたらよかったか?」というところも学べますので、この本を読めば、少なくとも積立て投資を始めるにあたっての不安はなくなるでしょう。僕も来月あたりから再開しようと思います!!