読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「ビジネスマンのための「実行力」養成講座」(小宮一慶著)

こんにちは。

今日は先日も紹介した小宮一慶さんの本で、「ビジネスマンのための「実行力」養成講座」についてです。

 

これも積ん読にあった1冊で、1時間で読む練習に使いました。結論から言うと、前回の「発見力」と同じように、メッセージはすごくシンプルで、とても読みやすかったです。

 

「発見力」では関心とそれに基づく仮説を持つことがポイントでしたが、「実行力」では信念(や熱意)がポイントでした。拠って立つところがしっかりしていないと、行動に移せないし、仮に行動に移せたとしても続けることができません。

自分で言うのもなんですが、僕は思い立ったらすぐに行動に移す方だと思います。しかし、著者の小宮さんの言う実行力は、「結果を出してそれを継続する」こと。思いつき、あるいは勢いでやってしまっている僕には、信念が足りませんね。

 

そうではなくて、目標を明確にし、ロードマップをつくって課題に取り組む。さらに、取り組んだ結果をうまくいった要素も含めて振り返る。つまり、PDCAを回していくことが大切ということです。偶然にも、前回紹介した「鬼速PDCA」につながりました(笑)

 

本書の後半では、実行力を高めるために日頃からできることを項目立てて挙げています。中には「タクシーの小銭のお釣りをもらわない」といった「うーん、ちょっと関係ないかなぁ」というものがありますが(^^;)

その中で、新たなことにチャレンジすることの意義が勉強になりました。リスクを避け続けることが最大のリスク。良い方向に転がる可能性と悪い方向に転がる可能性をてんびんにかけて、リスクが大きすぎる場合は別ですが、迷ったらとりあえずやってみるのが大事と小宮さんは述べていました。

 

行動力は失わず、常にビジョンを持つことを心がけていきたいです!