読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「理想を現実にする力」(佐藤天彦著)

こんにちは。

3冊続けて将棋棋士の本です。今日は佐藤天彦九段による「理想を現実にする力」という本です。

 

理想を現実にする力 (朝日新書)

理想を現実にする力 (朝日新書)

 

先ほど、佐藤天彦「九段」と書きました。しかし、一昨日までは佐藤天彦「名人」でした。残念ながら名人位は奪取されましたが、第一人者であることに変わりはありません。本書では、小さい頃から夢見ていた将棋の名人になるまでのプロセスで考えてきたこと、勝負の世界で生きるための考え方についてまとめられています。

個人的には、ここのところ取り上げた3冊の中では、将棋を知らない人でも最も実生活に活かせる本ではないかと思いました。というのも、佐藤九段は現在31歳と比較的若いにも関わらず、非常に客観的に物事を捉えているんです。

小学生から名人になることを目指して、「奨励会」というプロ養成機関で凌ぎを削っていた佐藤九段。もちろん勝つことにはこだわるのですが、どこかで「棋士以外の生き方もある」「勝ち負けの他にも人間として大切なことがある」という向き合い方をしています。ドライというのとも違う、地に足のついた感じです。

佐藤九段はファッションやクラシック音楽、インテリアなどを趣味にしており、ファッションの好みなどから、「貴族」というニックネームがあります。落ち込んだときにも大好きなブランドの服やお気に入りのインテリアを買うなどして、日常の中で幸せを感じられる瞬間をたくさん設けることで、メンタル面をコントロールしています。他にも、自分が苦しい局面のときには粘られる側である相手の立場で考えて、より複雑な展開に持ち込んで粘るなど、僕たちが仕事で悩んだときにも活かせる考え方が出てきます。

名人戦を終えて、佐藤九段は失意の中にあると思います。しかし、本書を読んでいると、それもリスタートと捉えて、そのうちまた好調期が来るのではないかと思いました。これから佐藤天彦九段にさらに注目していきたいです!!

「覆す力」(森内俊之著)

こんばんは。

今日も将棋の棋士による本です。森内俊之九段の「覆す力」という本です。

 

覆す力 (小学館新書)

覆す力 (小学館新書)

 

森内九段も羽生九段や前回記事でとり上げた「長考力」の著者である佐藤九段と並んだトップクラスの棋士です。

タイトルがなぜ「覆す力」なのかというと、羽生九段の存在が大きく関わっています。羽生九段はデビュー当時から圧倒的な力を発揮しており、森内九段がタイトル戦で羽生九段とぶつかることになっても、そのほとんどが下馬評で「羽生有利」とされたのです。そういった数々の不利な状況を覆し、永世名人の称号を得るまでに至った棋士人生が本書で描かれています。

一部で勝負哲学も書かれていますが、将棋への愛情、ライバル達への敬意にあふれた素朴な文章で、読んでいて気持ちの良い本です。たくさんの敗戦から学ぶ態度、理想の将棋を追求する姿勢など、プロとして、一人の人間として物事にどう向き合うべきかを示してくれます。

「長考力」(佐藤康光著)

こんにちは。

今日は将棋棋士佐藤康光九段による「長考力」という本についてです。

 

長考力 1000手先を読む技術 (幻冬舎新書)
 

将棋のタイトル戦では、お互いの持ち時間が8時間、2日にわたって戦うことがあります。ひとつの手を指すのに、1時間以上考えることもめずらしくありません。そんな棋士の、長く考える力について書かれたのが本書です。

しかし、僕個人としてこの本から学んだのは、佐藤九段の将棋と向き合う姿勢でした。対局に勝つことはもちろんですが、加えて良い棋譜(対局者の指し手を記録したもののことです)を残したい。そのために、対局中にある局面で没頭して考えたり、日々研究に励んでいるようだったのです。

インターネットの発達により、リアルタイムで対局の様子が見られるようになりました。佐藤九段も画面の向こう側の人として対局しているわけですが、自分が指し手を考えているときの様子を後で見て、その行動に驚くそうです。検討に没頭しすぎていて、とった行動を覚えていないのです。本文中には他の棋士の様子も描かれていますが、本当に身を削って対局に臨んでいる様子が伝わってきました。

自分がそこまで没頭して物事に向き合えているかというと、とてもそんなことは言えません。いい加減というか、他のいろんなことを気にしながらやっている感があります。

 

そして、もう一つ学んだこと。それは、過去の常識にとらわれない姿勢です。佐藤九段はもともと居飛車(作戦のひとつです)の本格派で、定跡をみっちり研究し、結果も残してきました。しかし、羽生さんにだけはなかなか勝てない時期が続き、何かを変える必要性を感じていました。以降、過去の常識を拭い去って、自分の研究を信じて他の棋士が驚くような新手を指し始めたのです。

もちろん、定跡を外れて新しい手を指すのは、リスクを伴います。そもそも定跡とは、過去の数多くの対局から導き出された「より良い形」なので、そこから自ら外れるのは勇気のいることです。また、新しい手を指して勝っても、すぐに研究されつくしてしまうこのご時世です。何だかしんどいことの方が多そうですが、自分のやりたい将棋を追求する姿勢は、非常に大切だと思いました。

 

全体を通して、将棋を嗜む僕には当然、興味深い内容でした。ただし、何となく話があちこちに行っている感じがしたのも事実です。そのため、「考える力」に興味がある方よりも、「棋士の考え方」に触れたい方の方が楽しく読める本だと思います。

PCスピーカー購入!

こんばんは。

今日は大阪市内に出て、BOSE社のPCスピーカーを買ってきました。これです↓

 

僕はそんなに音響関係に詳しくありません。でも、この小ささ、値段(12000円くらい)の割には、すごく良い音です。正直、予想のななめ上を行くものでした!!

具体的にどこが良いかというと、どこか音に奥行きを感じるんですよね~。立体的というか、包まれる感じというか、のぺ~っとしてないというか…。語彙力がなくて本当にすみません(笑)

また、これはBOSE製品の特徴のようですが、ちっちゃいボディで重低音もしっかり出ます。身体にドスンと響くような感じを求める方はもっと高級品をあたっていただくとして、PCに入っている音楽を単純に良い音で楽しみたい方には、全然問題ないです。

もう一つ、細かいことですが、iPodをオーディオケーブルでつないで再生できるのがありがたかった。僕はBluetooth接続が今ひとつ信頼できないので…。早速、iPodをつないで聴いてみましたが、こちらもPCの音楽同様、良い音で聴くことができました!


f:id:azreader:20190502223625j:image

セッティングしたらこのような感じてす。大きさだけでなく、デザインもすごくスッキリしてますね!ソフトを入れたりする必要はなく、線をつなぐだけの設定なので簡単です。置き場所さえ決まっていれば、5分くらいでできます。

買おうか買わないかさんざん迷った挙げ句、「10連休は旅行の予定もないし、これくらいの楽しみはいいよね…?」とようやく思い切ることができました。良いお買い物ができて良かったです(^^)v

この製品の詳しい情報は、下記のリンクをご覧ください。

https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/stereo_speakers/companion-2-series-iii-multimedia-speaker-system.html

「雑談力が上がる話し方」(齋藤孝著)

おはようございます。

10連休ももう半分近く過ぎてしまいましたね。やっぱり「この日に~へ行く!」って決めておかないと、どこにも行けないようです…(笑)

今日は齋藤孝さんの「雑談力が上がる話し方」という本の読書記録です。

 

雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール

雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール

 

 雑談が苦も無くできる人には何てことのない内容でしょうが、地域でいろんな方と関わる機会の多い僕にとっては、雑談は重要です。なぜなら、地域住民との何気ない会話の中に、そこで暮らす人々が感じている課題が透けて映るときが多いからです。学生時代から今に至るまで、ものすごい人見知りに悩まされてきた僕にとって、雑談力は関心の高いテーマでした。

本書を読んで思ったのは、自分で雑談に対するハードルを上げてしまっていたということ。関西に住んでいることも多少影響していると思うのですが、話には「オチ」をつけないといけないとどこかで思っていました。

「こんな話をしても、さしたるオチがあるわけでもないし、相手も興味がないのではないか…?」

こんな感じで、話すことをためらっていました。一方、こんな先入観もありました。

「きちんと筋道立てて話さないと…」

しかし、本書には、「雑談にオチは必要ないし、結論だってなくていい。雑談というのはサクッと切り上げるべき」とありました。すごく救われた気持ちになりますね!話の内容やシチュエーションによるところもありますが、雑談する相手は話の面白さを求めているわけではなくて、レスポンスを求めているだけなんです。きちんと相手の話を聴いて、返してあげる。それだけで会話のキャッチボールが成立すると思えれば、だいぶ気が楽になります。

気づきとして、本書で書かれている他の内容は、案外すでに身についているものも多いということがありました。「相手の話に対して否定から入らない」「相手と共有できそうなテーマを考える(僕なら野球が好き、ペットを飼った経験があるなど)」といったことは感覚的にわかっており、すでに実践できています。そこから何が言えるかというと、自分の弱点が絞られたということです。対人緊張が強いので、はじめましての方とはなかなか難しいかもしれませんが、同僚や仕事上で付き合いのある方となら、相手を困らせない程度には話せると思えました。

本書で書かれているルールはすごく身近なもので、「言われてみれば確かにそうだなぁ~」「あるある!」と思えるものばかりです。雑談が苦手な方には、まず読んでみてほしい本です!