読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「地域再生の戦略」(宇都宮浄人著)

おはようございます。

仕事の忙しさや体調不良が重なり、なかなか記事を書けずにいました。申し訳ありません…。

今日は、宇都宮浄人さんによる「地域再生の戦略」という本についてです。

 

地域再生の戦略: 「交通まちづくり」というアプローチ (ちくま新書)
 

 サブタイトルに「交通まちづくり」とありますように、現在、深刻な問題となっている地域再生について、交通という切り口からその改善策を探る内容となっています。ただ、結論から言うと、具体的に「こうすればよい」というものが提示されているわけではありませんでした。先進事例の紹介と、国が示す方向性の解説にとどまっている印象でした。

 

さて、地方鉄道やバス会社の廃業が相次いでいます。それはすなわち、クルマに依存する比率が高くなることを意味します。免許証返納の問題に象徴されるように、特に高齢者などは、外出に困難を伴うことが大きな課題となっています。

実際、僕の住む市でも、市が運営している福祉バスが廃止になるのではないかという噂が広まっています。噂を聞いた住民さんからは「有料になってもいいから、運行を続けてほしい」とか、「そんなことをするのなら、税金を払うのをボイコットしようか」など、切実な声が聴こえてきます。福祉バス廃止の是非を検討する人たちに、その声がどれだけ届いているのが疑問ですが、この本を読んでいると、「ただ有料にすればよい」というような簡単な問題ではないことがわかります。行政の厳しい財政状況、既存の公共交通事業者との棲み分け、環境への配慮、その他諸々の条件を踏まえて、最適解を見つけなければなりません。仮に福祉バス廃止の方向に決まるとしても、何かしらの代替手段を提示するとかしなければならないのではないかと思います。

先日、ある自治会の人がこの状況に危機感を覚え、「自分たちの地域で住民が主体となって移動支援の活動を始めたい!」と相談に来られました。その熱量たるや、半端ではありませんでした。行政は「たぶん誰かが何とかしてくれるだろう」という考えでいるわけでは決してないと思います。しかし、そうやって危機感を覚える人が存在するということは認識していてほしいところです。僕は、生活支援コーディネーターとして、できる限りのお手伝いをしていく所存です。

 

本書の中に、海外の事例を説明するところで、「交通権」「移動権」といった言葉が出てきます。これは非常に重要なことだと思いました。それは、単に「移動する」というところにとどまらない権利だからです。例えば、先ほど高齢者の外出の困難さの話を出しましたが、高齢者が外出の機会を失えば、身体機能の低下のリスクが高まります。また、人との交流の機会も減ることにつながるため、生活の豊かさにも影響が出てくることが考えられます。他にも、交通が人々の暮らしに与える影響にはさまざまなものがあるでしょう。

スケールの大きな話であるため、単独の市町村だけでは解決が難しい場合がほとんどでしょう。こういったときにこそ、上部の行政主体、つまり、国や都道府県が積極的に介入し、地域の課題をともに解決していく姿勢が必要なのではないでしょうか。僕自身も、高齢者がいきいきと暮らせる地域づくりを考えていく上で、注視しておかなければならないテーマです。

今回は、途中から仕事の話になってしまいましたね(笑)

「「天職」がわかる心理学」(中越裕史著)

こんばんは。

今日は心理カウンセラーの中越裕史さんによる「「天職」がわかる心理学」の読書記録です。

 

「天職」がわかる心理学 いまの仕事で心が満たされていますか?

「天職」がわかる心理学 いまの仕事で心が満たされていますか?

 

 現在、僕が生活支援コーディネーターという、地域での住民主体の支え合い活動を広げていく仕事をしていることは何度がこのブログでも書かせていただいています。でも、正直なところ、生活支援コーディネーターがどんな仕事か知らずに今の職場を応募し、ご縁があってこの業務を担当することになりました。

ただ、やりがいは感じるものの、「天職か?」と言われると、違う気がしています。そもそも、いろいろな人を巻き込んでいくなんて一番ニガテなタイプの仕事です。しばらく職を変える予定はないものの、次に転職するときには根拠を持って仕事を探せるようにしたい。そう思い、本書を手に取りました。

本書のキモは、53頁に書いてある3つの要素なのだと思います。

  • 意味への意志:自分の仕事には、意味があると思える感覚
  • 「好き」という感情:内発的動機づけ、やりたいからやるという動機
  • 自己決定要因:自分の頭で考え、自分の意志で決定できること(以上、本書p53より引用)

これらのことを、事例や心理学の知見に基づいて、非常に平易な文章で語っているのが本書です。

著者の中越さんは、3つの要素の中でも特に2つ目、「「好き」という感情」を重要視していました。もしそれが天職ならば、「飯を食っていくために働く」という考え方にはそもそもならない。「好きだからやる」というように、仕事と仕事以外の境目があまり無いような状態となります。

気を付けなければならないのは、ここで難しく考えすぎると、「これは本当に自分の好きなことなのか?」とか「一生の仕事にしていけるだけのことなのか?」といったことが浮かんでしまうようです。その結果、自分の可能性にフタをしてしまいます。

僕の現状を例に考えてみましょう。

  • 意味への意志→間違いなく、自分の仕事には意味がある。これから特に重要になる仕事→マル!
  • 「好き」という感情→正直、好きとは言えない…。人とやりとりするの面倒くさい。それこそ、「飯を食っていくために働いている感」が強い→バツ
  • 自己決定要因→自分の力量不足によるところが大きいものの、自己裁量ではなかなか物事が進められない→バツ

…間違いなく、今の仕事は天職ではなさそうですね(笑)

じゃあ、何が好きなのか?となるのですが、将棋やゲームが好き、野球はプレーよりも戦術を考えることに面白みを感じる、人にあれこれ言われると混乱する、などなど考えていくと、「人から指図されずにじっくり物事を考えるような仕事」となります。となると、研究職とか個人コンサルタントみたいな仕事になるんですかね…?

このように、本書では、自分のやりたい仕事についてじっくり考える時間をとることが大切とありました。しかし一方で、余裕のない生活の中では、本当にやりたいことを考えることができないとも中越さんは述べています。仮にすぐまとまった時間は取れなくても、毎日、自分の好きなことをちょっとだけやってみることで、天職の芽が出るかもしれません。だから「行動しよう」。これがエピローグにあった中越さんのメッセージでした。僕もしっかりと考えていかなければなりません!!

研修講師の予定が…

こんにちは。

今日は、あまり書けていなかった「生活支援コーディネーターとしての思考記録」カテゴリーです。

最近は特に忙しく、残業も増えていました。なぜなら、研修講師を務めることが間近に控えていたからです。住民さん相手に、「住民主体の支え合い活動」というテーマで1時間ほどお話しする予定で、この間、資料づくりや原稿づくりを進めてきました。

ところが、先週辺りから右目の充血が激しくなってきたんです。あまりにひどいので、先週末に眼科に行ったところ、「はやり目」であることが判明したのです。

はやり目は、正式名を「流行性角結膜炎」と呼びます。つまり、人にうつる結膜炎なんです。しかも、感染力が非常に強いため、小学校では登校禁止になるものなんだとか。

ということで、僕も職場に相談してみました。ギリギリまで待ってくださいましたが、入れ替わるように2日ほど前から左目に充血が出てきてしまい、職場の判断は「アウト」でした。

 

同僚や受講生にうつす可能性を考えたら、組織として当然の判断ですよね…。結局、講師にはピンチヒッターを立てて、研修は予定通り開催されました。

 

なんとも情けなかったです…

 

上司や同僚には迷惑をかけることになったし、講師という初めての大役も最後までやり遂げられませんでした。

住民さんのところにも何度も足を運んで研修の案内に行きましたし、研修の準備も自分が中心でやってきたので、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。

かと言って、身近に結膜炎の症状を持つ人がいたわけでもないので、どこでもらったのかもわからないという…

「やり場のない思い」ってこういうことを言うんだなぁと思いました。

「知らないでは済まされない!「働き方改革関連法」早わかり」(布施直春著)

おはようございます。

今日は、元労働省長野、沖縄労働基準局長の布施直春さんによる「知らないでは済まされない!「働き方改革関連法」早わかり」という本についてです。

 

僕は現在、非常勤職員として働いています。そして、年度が替わって契約を更新するにあたって、有休の取り扱いが変わりました。具体的には、5日以上年休を取得しなければならないというものです。これは年休を10日以上付与されている職員が対象となり、職場の方が時季を指定して年休を取得させることもできる制度です。

この本は、このような今年4月に労働基準法労働安全衛生法など8つの法律が改正された、いわゆる「働き方改革」について概説したものです。

僕はまったくの法律の素人ですが、とても読みやすく、「そんな風に変わったんだなぁ」と大つかみに理解することができました。人事の職員さんなど、職員の福利厚生の実務を担当する方には少し内容が薄いのかもしれません。読者がどういったニーズを持つ人なのかによって、感想が変わると思います。

 

話は変わって、働き方改革について言えば、僕がいる福祉の業界でもきちんと定着するのかが不安です。

会議でいろいろな施設などを訪問しますが、その日のスタッフを確保するので精一杯というところがたくさんあります。そのような状況下で、年休の取得を保障できるのか?もしかすると、現場を回すために罰金を支払ってでも職員の年休確保を諦め、そのしわ寄せを職員のお給料や設備管理費などに求めるといったことが出てくるのではないかと思います。

休暇の取得を国として推進するのは本当に大切です。しかし、特に人が足りていない福祉業界や運送業界などでは、人材確保やそのための(待遇面も含めた)雇用環境の整備がもっと大切なのではないかと思います。

しばらく動向を見守るしかありませんが、また新たな問題点が出てくるかもしれません。

「東大教授が教える独学勉強法」(柳川範之著)その3

こんばんは。

今日も前回に続き、柳川範幸さんの「東大教授が教える独学勉強法」についてです。

 

東大教授が教える独学勉強法 (草思社文庫)

東大教授が教える独学勉強法 (草思社文庫)

 

第3章以降は実際の勉強法が書かれています。東大教授が著者ということで、さぞかし難しい内容かと思いきや、

  • 目標は3割くらい達成できたらOK
  • 勉強することは仕事に直結するものである必要はない
  • 入門書は内容を大つかみに理解するように読む
  • 専門書は全部を読む必要はなく、自分の関心に合わせて読めばよい

など、肩肘張らないものばかりでした。

本の読み方にも言及しています。柳川さんの勧める本の読み方は、2回読むというもの。1回目はまず書いてある内容をすべて受け入れる姿勢で読みます。そして、2回目は一つひとつの内容を疑いながら読むのです。「ここに書いてあることは本当にそうなのか?」「別の場合でも正しいのか?」「主張が矛盾していないか?」など、自分の考えをくぐらせて読んでいきます。それでも本の内容が正しいということがわかれば、より深い理解につながります。「批判的に読むことが大切」とよく言われますが、なぜそれが大切なのかが本書を読むことでよくわかりました。

また、そもそもの話で、私たちは本に書かれていることを素直に受け入れるのに慣れすぎているではないかと柳川さんは述べています。本を読んで、「ああ、そうなんだ。勉強になった」で終わりにするのはもったいない。そこでとどまっていては新たなアイデアは生まれません。著者とけんかするように読むことが大切とのことでした。

全体を通じて、「学ぶ」とは暗記とか解法テクニックの習得ではなく、関心のあるテーマについての熟考が中心にある概念なのだという姿勢が貫かれていました。情報過多の時代だからこそ大切な勉強の在り方を知るのに、本書はとても良いと思いました!