読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「大局観」(羽生善治著)

こんにちは!

めちゃくちゃ熱いです…比較的涼しいはずの朝に散歩しても、帰ったら汗だくになります。みなさんも熱中症には気をつけてくださいね(^^;)

今日は羽生善治さんの「大局観」という本についてです。

 

 先に断っておきますが、他に羽生さんの本を読んだことのない方にはとても良い本だと思います。物事に取り組むときの姿勢やミス、プレッシャーとの付き合い方など、示唆に富む話が随所に出てきます。

しかし、以前に取り上げた「決断力」という本をすでに読んだ方には、重複する内容が結構出てきます。例えば、升田幸三先生の「新手一生」(新しい戦型や指し手を一生、創造すること)をめぐる話は、文章は違えど、中身は同じ内容です。そのため、既読感を感じながら読むことになりました。

しかし、それでも参考になる話は当然ありました。

集中力を高めるトレーニングについて、羽生さんは「可視化するのが難しいテーマ」にチャレンジするのがひとつの方法としていました。僕自身、インターネットで将棋の対局をしていますが、数手先の展開も予測できません(より正確に言うと、いろいろ想定はしているのですが、まずその通りにはなりません)。こういったとき、自然とグッと集中してます。「集中しよう」と思わずとも、勝手にそういったモードに入る感じです。こういった環境を生活の中につくることが、集中力を高めることにつながります。

具体的には、3つの方法を挙げていました。

1.何も考えない時間を持つ

あえて何も考えない時間を意識的につくることで、いざ深く考える必要のあるときに集中できるようにすることです。メリハリ、緩急をつける大切さですね。

2.ひとつのことをじっくり考えることに慣れる

これは先ほどの対局中の集中モードに通じる話かもしれません。もちろん、対局中は持ち時間(制限時間のようなもの)がありますから、実際にはひとつの局面について延々と考えることはできませんが、将棋でなくても、仕事の方向性をゆっくりと考える時間を取ったりするのがよいのではないでしょうか。

3.時間と手間のかかることに取り組む

羽生さんは源氏物語などの登場人物がたくさん出てくる長編小説を例に出していますが、例えばジグソーパズルであったり、プラモデルづくりなどといったことも考えられます。

そういった意味で、読書とか将棋といった趣味を持っている僕はラッキーかもしれません(数独などのパズルも嫌いではないです)。もっとも、小説はなかなか読む気になれないので、アレですが…(笑)

最後に、「大局観」という言葉を知らない方のために説明しておくと、「物事の全体的な状況や成り行きに対する見方・判断」(デジタル大辞泉の説明より引用)という意味です。「木を見て森を見ず」の反対の見方となります。仕事ではついつい目先のことに気をとられてしまいがちですが、長期的な視点に立って、広い視野でもって臨みたいものです!!

「鋼のメンタル」(百田尚樹著)

おはようございます!

今日はケアマネ研修で、今、会場に向かう電車に乗っています。

今回は百田尚樹さんの「鋼のメンタル」という本についてです。

 

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)

 

 僕はあまりお目にかかったことはないのですが、時に百田さんの歯に衣着せぬ発言が物議を醸すことがあるようで、ネット上で叩かれることも多いようです。

そんな百田さんがいかにメンタルを維持しているかについて書かれているのが本書になります。さすが人気作家の百田さん、「雑談力」(百田尚樹著) - 読書記録 for meという本も取り上げましたが、ついつい引き込まれるような文章で楽しく読めます。

いろいろな事例からメンタルを維持する方法や考え方が書かれているのですが、ひとことでまとめてしまえば、「ストレッサーとなりうる事象について、角度や視点を変えて捉えるのが大切!」ということです。

その角度や視点の置き方が重要で、例えば、「幸福感を感じられない」のならば、日本という枠組みから世界という枠組みに変えてみる。確かに、日本人は幸福度が低いと思う傾向があるようですが、日本では食糧に困ることはまずないですし、たとえ金銭的に厳しい状態でもそれを助ける制度があります。戦争とも(この先はわかりませんが)無縁です。ところが、国によっては今日生きるのも一苦労…というところもあります。

もう一つ、好きになった人に告白したがフラれてしまったときを例に挙げます。たとえフラれたとしても、それで命を取られるわけではありません。その瞬間は「命を取られた」ような苦しみ、悲しみに苛まれるかもしれませんが、長い人生という時間軸で捉えると、自分にとってむしろプラスに転じるかもしれません。

このように、時間、空間、主観と客観など、捉え方をちょっと変えてみるだけで、心にかかる負担はかなり軽減できるというのが本書を貫く百田さんの主張となります。

本格的(理論的)にメンタルケアについて学びたい方には物足りないと思いますが、手軽に知りたい程度という方には良いと思います。

プロ野球3リーグ制ってどう??

こんばんは。

7月9日からの広島ー阪神3連戦が大雨の影響ですべて中止となりました。被災された方がたくさんいる状況で、のん気に野球の試合をしている場合ではないので、中止の決定はやむを得ないと思います。

さて、3連戦中止の報を受けて、「(特に阪神が)日程を消化できるのか!?」という声がネット上であがっています。今年は中止がもともと多かったところでの、さらに3試合中止確定ということで、9月には20連戦やダブルヘッダー(1日に2試合行うこと)が組まれるのではないか?というのです。

でも、こればっかりはどうしようもありません。決められた代替日に試合をするしかありません。こういう事態にもメゲずに良いプレーを見せるのがプロの選手だと思います。

むしろ僕がここで問題にしたいのは、クライマックスシリーズ(以下、CS)の存在です。CSが控えているため、ここまでにはレギュラーシーズンはすべて終了しておきたいわけです。仮に阪神がCS進出も絶望的な状況だったとしても、相手チームはそうとは限りません。まして、今シーズンは2位以下が団子状態だからさらにタチが悪い…

 

そこで、僕は「3リーグ制にしたらよいのでは?」と思ったわけです。私案は以下のとおり。

・リーグは単純に東地区(日本ハム楽天、ロッテ、巨人)、中地区(ヤクルト、西武、横浜、中日)、西地区(オリックス阪神、広島、ソフトバンク)で分けます。

・試合数は同地区どうしを多めにし、他地区のチームとも数試合ずつ組む(参考までに、他地区チームと10試合ずつ、同地区チームと20試合ずつにすれば、合計で10×8+20×3=140試合になります)。

・他リーグとの試合が増えるから、新鮮味という観点から、オールスターは必要ないでしょう(→オールスター休みが必要なくなる。前半戦の予備日として空けておくのもアリ)。

ポストシーズンは各リーグの首位計3チームと、2位チームの中で最高勝率のチーム(メジャーでいうところのワイルドカード)の、合計4チームで日本シリーズをやる。第1ステージは5試合制、第2ステージは7試合制(現行のポストシーズンは、第1ステージ3試合制、第2ステージ6試合制、日本シリーズ7試合制なので、3~4日は短縮できます)。

 

一応、デメリットも考えてみました。

・巨人、阪神など人気球団の入らないリーグ(私案を例にすれば中地区)の興業面の問題。

・ドラフト指名順をどう決めるか?

・日程を組むのがたいへんかも?

でも、案外、これらも大したことはない気がします。「人気球団」の概念も揺らいでますし、ドラフトは単純に、リーグ関係なく勝率の低い順からにすれば解決します。最悪、オールスターを3リーグの総当たりにして、順位づけをしたら良いのです。

まぁいろんな事情(思惑?)があって3リーグ制にはならないでしょうが、プロ野球の人気回復のため、抜本的に仕組みを変えていく必要もあるのではないでしょうか?

 

最後になりましたが、今回の豪雨で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興を祈っております。

「野村ノート」(野村克也著)その2

こんばんは!

今朝に引き続き、野村克也さんの「野村ノート」という本についてまとめます。

 

野村ノート (小学館文庫)

野村ノート (小学館文庫)

 

 ・人間としての原理原則

人間としての原理原則についても、さまざまなことが書かれていますが、ここではチームを優先すること(=組織優先)についてまとめようと思います。

チーム優先というと、野球を知っている方なら、例えばランナー1塁のときに右打者が右方向に打つことや、送りバントといったことをイメージされると思います。個人記録を追い求めてホームランを狙うなんてもってのほか…かもしれません。

しかし、野村監督の考えるチーム優先主義は、個人記録を絶対に意識したらダメというのとは少し違いました。もちろん、ケース・バイ・ケースではあるでしょうが、例えば大差で負けているときはあえて個人記録を優先させることで、選手が力を発揮しやすい状態にし、結果としてチームの勝利に近づけていくこともあったそうです。

また、エースピッチャーが調子が良いにも関わらず、リリーフ投手の登板機会などを考慮してあげて、コーチからの確認に従い、試合途中でマウンドを降りることにも野村さんは異議を唱えていました。鉄壁のリリーフ陣を擁しているなら問題ないのですが、もしもリリーフ陣が不安定なら、エースピッチャーから継投することで、みすみす状況を不利にしてしまう可能性がそこに生まれます。野村さんからすれば、このときのエースピッチャーの考え方は、チーム優先主義を履き違えていることになるのです。

本当の意味でチーム、つまり組織を優先することは、組織が良い方向に進むためはどうするのが最善なのかを考えぬき、それに基づいて行動することです。とった行動は、もしかしたら周囲から見たら個人プレーに映るかもしれないけれども、それが組織のことを思って考えぬいた結果ならば間違いではありません。

僕は社会福祉協議会で仕事をしていますが、目的は地域が良い方向に進むことです。その過程ではいろいろな住民組織や行政、福祉サービス事業所と協力していくわけですが、社会福祉協議会は黒子に徹することがほとんどです。でも、黒子に徹するだけでなく、ときには主導権を握っていかなければならないのかもしれません。

少し大きな話になってしまいましたが、ひとりの社会人として生きていく上で、自分には何が求められているか、自分が所属する組織は何を目指しているのかを正しく理解し、判断、行動していかなければならないことがわかりました。

 

本書全体を通じて、野球をベースにした記述がほとんどなので、野球を知らない方は読みづらいし、エッセンスの半分も伝わってこないと思います。逆に言うと、野球をかじったことのある人なら、得るものはとても大きいはずです。

「野村ノート」(野村克也著)その1

おはようございます。

今回は、野村克也さんの「野村ノート」を取り上げます。今日はその1となります。

 

野村ノート (小学館文庫)

野村ノート (小学館文庫)

 

 選手としては三冠王の経験があり、監督としても日本一に3回導いた野村さんが、野球人生を送る中で得た監督としてのあり方や、原理原則についてまとめた本です。監督としての野村さんの代名詞は「ID野球」、つまり、データを駆使して戦術を考える野球ですが、さらにそのベースして「人づくり」をとても大切にしていたことが本書を読んでいるとよくわかります。

今、ふと思ったのですが、IDは“independent”(自立)とも解釈できるような気がします。原理原則を身につけることで、人として自立した選手がチームになって戦う野球。野村さん、この解釈どうですか?(笑)

…さて、話を本の内容に戻します。

野村さんの言うところの原理原則には2つあると考えられます。ひとつは野球というスポーツの原理原則、もうひとつは人間としての原理原則です。

・野球というスポーツの原理原則

まず、野球というスポーツの原理原則を知るためには、野球について深く理解しなければならないとしています。野村さんの言葉を借りれば、「野球博士でなければならない」ということです。本書では例として、プロ野球選手でも知らない人が多いルールが挙げられています。ルールの内容までは書きませんが、要はそういっためったに試合で出てこないシチュエーションについても、ルールを理解しておくことで、相手に対する優位性を持つことが大切だとしています。

野村さんの本では弱者が強者に勝つ方法がよく出てくるようですが、そのひとつが相手に対する優位性だと言えます。1990年代を代表するチームだった野村監督率いるヤクルトは、資金面では同じリーグの巨人などに比べると恵まれているとはいえませんでした。実際、巨人などはFAで各チームの主力選手をたくさん獲得し、ネームバリュー的にはとても敵わなかったと思います。それでもヤクルトが常に優勝争いできていたのは、「自分たちのやっている野球は先を行っている」という自信によるところが大きかったのです。

一方、野球には9つの守備ポジションがあり、1番から9番までの打順があります。そこにはそれぞれに求められる役割があり、それによって求められる適性も違います。当時のヤクルトは、派手さはあまりなかったですが、今思えばすごく攻守にバランスの良いメンバーだったと思います。つまり、適材適所だったわけですね!当時の巨人の場合は、1番から下位打者まで4番タイプの選手がズラッと並んでおり、重量感はものすごいものの、状況に応じたバッティングはあまりできていませんでした。だから、当時の野村監督からすれば、怖さは感じなかったのです。

先ほど、適性について書きましたが、投手も同じです。今でこそ先発・中継ぎ・抑えという分業制になっていますが、昔は先発完投型が主流でした(ちなみに野村さんも基本的には先発完投型で考える方です)。本書では江夏投手の事例で語られていますが、当時の野村監督がトレードで移籍してきた江夏投手をリリーフで起用しようとしました。それまでバリバリ先発で投げていた江夏投手に、先発完投が当たり前の時代にも関わらずリリーフ転向を薦めたのです。理由は江夏投手に血行障害があり、多い球数を投げられないという事情だったそうですが、「アメリカではすでに分業制になっている。いずれ日本もそうなるから」ということで説得し、リリーフに転向することになりました。

他にも、内角球論、打者のタイプとそれに基づく配球についてなど、野球にまつわる示唆に富んだ話が随所に出てきますので、野球が好きな人はぜひ一度読んでみてください!

少し長くなってきたので、人づくりや人間としての原理原則については、次回に書こうと思います。

「頑固力」(岡田彰布著)

こんばんは。

今日は元阪神オリックスの監督である岡田彰布さんの「頑固力」という本についてです。

 

頑固力―ブレないリーダー哲学 (角川SSC新書)

頑固力―ブレないリーダー哲学 (角川SSC新書)

 

 岡田さんは、伝説のリリーフ陣、“JFK”(ジェフ・ウィリアムス藤川球児久保田智之)を構築し、2005年には監督として阪神セ・リーグ優勝に導きました。今でこそリリーフに強力な投手を3人用意するチームは珍しくありませんが、当時は「“JFK”が出てきたら終わり」と思わせる鉄壁ぶりで、相手からすれば「5回までが勝負」という状態でした。個人的には、プロ野球を変えた監督だと思っています。

退任して間もなく書かれたのがこの本ですが、「今も阪神の監督をしていたら、どんなチームになっていただろうなぁ」と思わされます。

例えば、スクイズについて。岡田監督は、スクイズのサインはめったに出しませんでした。理由は単純で、バッターにかかるプレッシャーが尋常でないから。また、自身の3塁ベースコーチの経験から、コーチがスクイズのサインを相手に見破られないように出すのも難しいという考えがあるようです。

また、代打起用にも岡田さんは細心の注意を払っていました。当時の代打の切り札であった桧山選手を例に出していましたが、試合の中で誰もが「ここは代打・桧山だ!」と思うポイントとなる場面でも、あえて別の選手を起用することがあったそうです。相手投手の力量や試合展開、桧山選手の状態などを考えて、「桧山選手でも打てない」と判断すれば、別の選手を起用する。代打の切り札はだいたいが1試合で1打席しかありません。その1打席で調子を狂わされることがあるのだと岡田さんは主張しています。つまり、打つから使うのではなく、打てるように使うんですね。

このように、当時の岡田監督は、常に最悪の状態を想定して試合運びをしていました。

そして、4番打者に対する考え。岡田さんは、監督当時、現在の阪神監督である金本選手を4番で使い続けました。理由は、単に打力があったからではなく、試合に出続ける強さを兼ね備えていたからです。連続試合出場記録を持つ金本さんですが、骨折したときも試合に出続け、痛みから両手で強振できず、片手でヒットを打つようなこともありました。それでも起用しないといけないような絶対的な強さが金本選手にはあった。こういったところが岡田さんにとっての理想の4番打者像になったわけですね。

さて、たまにテレビ中継の解説に登場する岡田さん。他の解説者と比べて非常に指摘が鋭い。監督の采配をバッサリ完全否定することも珍しくありません。そんな岡田さんに僕はいつかもう一度、阪神の監督をしてほしいと率直に思っています。

ここからは個人的な意見になります。岡田さんの前の阪神タイガース監督は、今は亡き星野仙一さんでした。星野さんと言えば、監督としてのカリスマ的要素が強い人でした。そんな星野さんの後任は、非常にやりづらかったのではないかと思っています。最近の監督にカリスマ性がないと言いたいのではなく、今のタイミングなら、岡田さんのやりたい野球、チームづくりが一からできるのではないでしょうか。また、選手の力をうまく引き出せれば、今でも阪神は優勝を狙えるチームだと僕は思っています。一番やりがいのあるタイミングだとも思うんです。

たとえワンパターンだと言われても、面白みがないと言われても、頑固力に基づいた采配を振るってくれるなら大歓迎です。そして何より、この本全体からもひしひしと伝わってきますが、岡田さんの阪神タイガースに対する愛情が“半端ない”んです!!

「決断力」(羽生善治著)その2

こんばんは。

今日は、前回に引き続き、羽生善治さんの「決断力」という本についてです。後半部分となります。

 

決断力 (角川oneテーマ21)

決断力 (角川oneテーマ21)

 

 後半で参考になったのは、次の2つ。

・ミスには面白い法則があること。

・不利なときでも一気に挽回しようとしないことが大切。

著者の羽生さんは、次のように述べています。

「たとえば、最初に相手がミスをする。そして次に自分がミスをする。ミスとミスで帳消しになると思いがちだが、あとからしたミスのほうが罪が重い」(p99)

これはいろいろな捉え方ができそうです。単にミスをしないことも大切だし、ミスしてしまったあとも自分があきらめなければ、相手がミスをして形勢が変わるかもしれません。また、参考になった2つ目にもつながりますが、一気に挽回しようとしてミスをしてしまうと、もうどうしようもなくなります。だから、少し不利な状況になったとしても、引き離されないようについていくことが重要になります。

さらに言えば、「相手と自分」という枠組みでなく、「自分ひとり」の状況で考えても、最初のミスに気付いた段階である程度のケアをしなければ、さらなるミスは致命傷になってしまうという見方もできます。

人間は失敗する生き物です。ミスをしない人間などいません。ミスしてしまったとき、その影響を最小限にとどめるため、少なくともさらに状況を悪化させないよう粘り強く物事に臨みたいところですね!

 

ここからは余談になります。

実は今日、近くの将棋教室に見学に行きました。そして、その場で申し込みをしました。インターネット上の将棋道場である「将棋倶楽部24」で9~10級あたりをうろうろしている僕ですが、それを伝えたところ、その教室では4級ということで、早速3人の方と対局をしました。

1人目は僕と割と世代の近い方、2人目は小学生、3人目は定年を過ぎたと思われる方と相手はバラエティに富んでいて、さらに、相手の棋力にあわせて、1人目はハンデなし、2人目は相手にハンデあり、3人目はこちらにハンデありという状況で指しました。結果はたまたま3連勝でしたが、勝ち負け云々ではなく、実際に盤を挟んで対局できたこと自体が非常に楽しかったです。

そして、いつの間にか、最近にはないくらいその場に集中できていましたし、一手を指すために使うエネルギー、つまり決断力もインターネット上で指すときとは違う印象でした。この本で学んだことが、これからよりリアルに感じられるのではないかと今から楽しみです!!