読書記録 for me

読んだ本のまとめなどを書いていきます。

「働く大人のための「学び」の教科書」(中原淳著)その2

こんばんは。

今日は、前回に引き続き、中原淳さんによる「働く大人のための「学び」の教科書」を取り上げます。

 

働く大人のための「学び」の教科書

働く大人のための「学び」の教科書

 

 今回はChapter2の「大人の学び」3つの原理原則についてです。

3つの原理原則は、次の3つとなります。

①「背伸びの原理」

②「振り返りの原理」

③「つながりの原理」

 

まず、①「背伸びの原理」ですが、これは、自分の力で頑張れば何とかできるくらいのところで学びは得られるということです。逆に言うと、今ある力でじゅうぶんにできることばかりをしていると、学びは得られないということです。確かに、仕事をいていても、ちょっとしんどい業務をこなせたときは大きな達成感とともに「成長できたかな」という感覚が得られますよね。注意しないといけないのは、今の力ではどうしようもなく、太刀打ちできないことをしているときです。このときは、もはや「学び」どころではなくなります。著者の中原さんは「コンフォートゾーン」「ストレッチゾーン」「パニックゾーン」という3つの言葉を使ってこれらの内容を説明していますが、学びについて考えるときは、「自分はストレッチゾーンに身を置けているかな?」と折に触れて考えるのが大切となります。

また、中原さんは背伸びの方向を間違っても構わないとしています。「自分としてはちょっとチャレンジングなことに取り組んだ。けれども、今ひとつ違った…」ということは往々にしてあります。その場合も、「じゃあ、こっちかな?」ということで、また違う方向に背伸びしてみる。最悪なのが、正しい方向はどちらかに気を取られて、何もできないこととなります。

 

次に、②「振り返りの原理」。

先に中原さんによる振り返りの定義を書いておくと、振り返りとは、

「過去の自分の行動を見つめ直し、意味づけたうえで、未来に何をしなければならないのかを、自分の言葉で語れるようになること」(p66より)

となっています。「自分の言葉で語れる」というのがポイントですよね。自分が思ったようにしか行動できないとするならば、ただなんとなく振り返るだけではダメで、「で、自分はこうする」が言えないといけません。そのためにも、ときに俯瞰して自分を見ることが大切だと中原さんは述べています。背伸びし続けるだけでなく、振り返りもすることで、より良い学びにつながります。

 

最後に③「つながりの原理」ですが、これは、学びには自分ひとりでできることと、周囲の助けを借りてできることがあり、成長の幅は後者の影響をより強く受けるということです。叱咤激励してくれる人、安心感を与えてくれる人など、いろいろな人とのつながりを大切にするとより大きく成長できることになります。

 

著者の中原さんはこれら3つの原理原則をコンピューターでいう「OS」に例えていました。3つの原理原則をベースに、では実際にはどう学んでいけばよいかが、次の7つの行動であり、これらはコンピューターでいう「アプリケーション」となります。次回はこの7つの行動についてまとめたいと思います。

「働く大人のための「学び」の教科書」(中原淳著)その1

おはようございます。

現在、ケアマネジャーの研修等で忙しく、なかなか更新できなくて申し訳ありません。本を読むペースもかなり落ちています…

さて、前回の記事で、「今後は仕事に関連する本を優先的に取り上げる」と書きました。また、「徐々に多読から精読スタイルに変えたい」旨の内容も書きました。いきなり自分の仕事の分野に行ってもよかったのですが、その前に、そもそも「学ぶこと」について振り返っておきたく、1冊の本を間に挟むことにしました。

東京大学大学総合教育研究センター准教授の中原淳さんによる「働く大人のための「学び」の教科書」という本です。

 

働く大人のための「学び」の教科書

働く大人のための「学び」の教科書

 

「人生100年時代」ともいわれる現代において、より長く働くことを余儀なくされる大人が生き抜くためにどうすればよいかを、「学び」という観点から説明したのが本書です。今日は、「Chapter1 僕たちはなぜ学び続けなければならないのか?」について書こうと思います。

結論から言うと、

・これからの時代、社会人になっても学び続けなければ、生き残れなくなる

・自ら主体的に学ぶことが大切である

ということになります。

終身雇用制度が過去のものになりつつある中で、ひとつの職場でキャリアを全うことは少なくなってきました。若いうちから転職をする人、独立・起業する人などがたくさんいますよね。

また、社会のスピードの変化も高速化しています。本文ではテクノロジーの進化が中心に述べられていますが、僕が勤めている高齢者福祉の分野でも、介護保険制度は数年おきに改正されるし、考え方も変化していっている現状にあります。

このように、転職や起業をする人には、新しい分野の関連知識や起業そのものについてのノウハウなど、新たな学びが必要になりますし、社会の変化のスピードについていくためには、最新の動向を掴んでおかなければなりません。

しかし、実際のところは、学ぶことに対して重い腰を上げられない人が多いと中原さんは述べています。そこには、「あきらめ」であったり「面倒くさい」という感情が絡んでいたり、そもそも社会が変化していることに気づいていない人もいるでしょう。

マサチューセッツ工科大学のシャイン教授による「生存不安」と「学習不安」の概念が紹介されているのですが、シャイン教授によると、

「人は生存不安を高められて、かつ、学習不安が減ったときに学習する」(p37より)

ということです。「生存不安」は、「このままではいけない…」という不安のこと、「学習不安」は、変化など学ぶことに対する不安を指しています。自分が仕事をしていて「生存不安」を感じる人もいるでしょうが、その多くは周囲から受ける影響が大きいと言えるでしょう。中原氏はこの概念に対して、それでは受け身になってしまい、学ぶことが強い負担になるのではないか?という視点を提示しています。その上で、「だったら自分から主体的に学ぶ方が負担は少なくて済むのではないか?」として、主体的な学びを推奨しているわけです。

この記事の最後に、中原氏による「大人の学び」の定義を書いておこうと思います。

「自ら行動するなかで経験を蓄積し、次の活躍の舞台に移行することをめざして変化すること」(p28より)

Chapter2以降、学びの原理原則や具体的な行動などが解説されることになります。また少しずつまとめていけたらと思います!

今後のブログの運営について

おはようございます!

昨日の記事のとおり、今日はこのブログをどのような方針で運営していくかについて書きます。

まず初めに、僕の中での方針をまとめておくと…

・僕にとって、ブログを書く主目的は、自分が読んだ本について、あとで自分で振り返られるように記録しておくことである。

・読者が何人か、PVがどれくらいかはあまり関心がないけれども、実際に今も9名の方が読者登録してくださっているのだから、読んでくださる方のためにも、内容はしっかりしたものにする。また、PVの数値はモチベーション維持のためにも完全無視とはしない。

・僕の中での喫緊の課題は、やはり仕事のことであるため、選ぶ本はダイレクトに仕事に関係するものを優先する。

となります。

そこから考えたのは、1冊1記事でまとめて書いた方が良いのか、複数の記事に分けた方が良いのかということですが、これについては、徐々に「多読から精読へ」と読書スタイルを変えたい思いもあり、後者の方法でいこうと考えています。じっくり自分の中で練ってまとめあげたいし、逆にそうしないと内容が頭に残らない気がしています。また、1冊1記事にしようとすると、逆に負担を強く感じてしまいそうですしね(*_*)

 

…と、これからはこのような感じでやっていこうと思います。なかなかリーダーフレンドリーなブログにはならないかもしれませんが、記事は(自分のためにも)頑張って書こうと思いますし、選ぶ本もバリバリの専門書とかは避けて、せめて大きめの本屋さんやネットで普通に手に入りそうなものを選びますので、ご安心(?)ください。

最後になりましたが、実は前回の「「自分メディア」はこう作る!」(ちきりん著) - 読書記録 for meの記事はこのブログのちょうど50本目の記事だったんです。更新もあまり頻繁とはいえない中、細々とでも続けてこれたのは、上にも書きましたが、9名の読者のみなさんやたまたま見に来てくださったみなさん、そして、書きやすく続けやすい仕組みをつくってくれている「はてな」さんのおかげだと思っています。

おそらく今後も更新頻度は変わらないと思いますが(笑)、楽しくブログを続けられたらと思っていますので、よろしくお願いいたします(^^)/

「「自分メディア」はこう作る!」(ちきりん著)

こんばんは。

前回予告した通り、今回もちきりんさんによる、「「自分メディア」はこう作る!」を取り上げます。

 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
 

 この本は、ちきりんさんがご自身のブログ「Chikirinの日記」を2005年にスタートし、それから月間200万PV(ページビュー)を誇る人気ブログに成長させていった過程を明らかにすることで、自分メディアの育て方を解説した本となっています。

前半部分に「裏を知る」篇としてこれまでの運営記がまとめられており、後半部分には「表を読む」篇として過去の記事で反響の大きかったものが20本ほど掲載されています。僕はあえて後半の「表を読む」篇から読みましたが、ちきりんさんの記事の特徴としては次の2点を強く感じました。

・常識にとらわれていない。ときにはかなりの極論になっている。

・記事に取り上げたテーマの「正しい答え」を書いているわけではなく、あくまで「ちきりんさんなりの答え(や考え)」を書いている。

僕たちを取り巻く社会課題は、一切と言ってよいほどひとつの対策ですべてが解決するというものはなく、常に複数の問題が絡み合って構成されています。そこにはひとつの正しい答えがあるわけではなく、人によっては考えが異なることもありますし、むしろそれが自然ではないでしょうか。ちきりんさんは自分の思考の記録をするためにブログを始めたため、自分の意見の正当性がどうこうよりも、どうすればより自由に自分の考えを表現できるかという視点でブログを運営されていました。

そんな中、はてなブックマークTwitterの普及が転機となり、「Chikirinの日記」は読者が増えていったわけですが、そうなると「ただの一(いち)ブログの管理者」ではもはやいられなくなるわけで、取材依頼なども多くあったそうです。そこでもちきりんさんは、ご自身なりの判断基準を持つことで、安定的にブログを運営していきました。判断基準は、

・「時間や手間がかからないか」

・「想定読者をどれくらい増やせるか」(いずれもp69より)

の2つです。いたってシンプルで明確ですよね!まぁこのブログが「Chikirinの日記」のような域にたどり着くことはないでしょうし、そんなことで迷うこともないとは思いますが、自分軸を持つことは、楽しくブログを続けていくために本当に大切なのだと思いました。

そして、ひとつ気づいたこと。

戦略的な思考を身につけるのに、ブログって最適なツールなのではないでしょうか?1つの記事を書く際にも、「どんなテーマの記事にしようか?」「どのような構成で書こうか?」「画像はどこに入れようか?」など、練らなければいけないことはたくさんあります。そして、ページビューやコメントというかたちで、記事に対する反応を窺い知ることができます。さらにそこから、より充実した、あるいは自分が目指したいブログに近づけていくプロセスを考えるのはまさに戦略思考です。お金がかからないのもGood!(笑)

で、じゃあこのブログはどうしていくのか?ということになるのですが、こちらについては、次の記事で書こうと思います!!

「自分のアタマで考えよう」(ちきりん著)

おはようございます!

あっという間のGWでした。何も予定がなく、のんびり過ごせたのですが、休みの日はやっぱり時間が経つのが早いです…

さて、きょうは人気ブロガーちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」という本についてです。

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 問題解決や思考術シリーズのトリを飾るべく、本書を読んでみました。以前に一度読んだことがあったし、さすが人気ブロガーちきりんさんの文章ということで、すごく読みやすくもあり、1日で読めました。

 これまでの本は具体的なノウハウが中心だったのに比べて、この本では「なぜ情報をグラフ化しないといけないのか?」「なぜ判断基準を明確にしないといけないのか?」「なぜ情報を比較して考えることが有効なのか?」といった、知識と思考にまつわる「そもそも論」が多くなっています。コンサルタントなど専門職向けに書かれているわけではないので、取り上げている事例も身近なものが多く、それがさらに読みやすさにつながっています。

とはいえ、まったく思考方法について触れられていないわけではありません。縦×横の2つの視点で考えるときに使うマトリックスについては、本書がいちばんその理屈を理解しやすかったです。ピラミッド・ストラクチャーやMECEの考え方がなぜ大事なのかも感覚的に理解できるのではないでしょうか。

そして何より、本書を読んでいると、いかに自分が普段何も考えていないかを痛感させられます。少ない情報でもこれだけ深く考えられるんだなぁと、帯にも書いてある通り「目からウロコ」が落ちる感じでした。また、もしかすると、僕もちきりんさんと同じように一度は思考のプロセスをたどっているんだけれども、それを頭の中で考えるだけで、言語化・視覚化しないから、すぐに抜け落ちてしまい、最終的には浅い思考しかできていないのかもしれません。そういう意味では、思考のプロセスを紙に書くなどして見える化しておくのはすごく大事なんだと思いますね~。

知識と思考との関係についてすごく本質的なことがたくさん書いてありますが、専門用語はほとんど出てきませんので、とっかかりとして若い人にオススメしたい本です!

 

ここでちょっとだけこのブログについて書きます。

僕のブログは、「まとめ」とか「感想」が内容の中心となっています。1冊の本についてなんでもかんでも深く考える必要はないとは思いますし、そんな時間もありません。しかし、ただたくさん読めばいいというものでもありません。そこには適度なバランスが必要だし、読書記録としてこのようにみなさんの目に触れるわけですから、ある程度の形で記録しなければなりません。

次もちきりんさんによる「「自分メディア」はこう作る!」を読もうと思っているのですが、この本はサブタイトルが「大人気ブログの超戦略的運営記」となっています。この間の問題解決・思考法シリーズとあわせて読むことで、今後のこのブログの展開のしかたを考えたいと思っています。

「戦略思考コンプリートブック」(河瀬誠著)

こんばんは!

GW後半も、もう半分終わってしまいました…特に予定もないので、前回の記事でも書いたような今年度の方針について考えたり、本を読んだり、のんびりさせていただいております(笑)

今日は河瀬誠さんの「戦略思考コンプリートブック」についてです。

 

戦略思考コンプリートブック

戦略思考コンプリートブック

 

 発売日が2003年ということで、割と古い本ですが、そもそも戦略思考の基本はこの数年で劇的に変化したとは思えないので、レビューが高かったということもあり、読んでみました。

結論から言うと、本書は戦略思考をしているときの、思考の展開を実況中継したような内容でした。イシューツリー(ピラミッドストラクチャーみたいなものです)をつくるときにハマりやすい落とし穴についても解説されています。個人的に勉強になったのは、以下の2つです。

・プロのコンサルタントでもイシューツリーは何度も何度も書き直している。一回でできあがることはありえない。モレやダブりがあったらゼロクリアして考え直す。

・枝分けしたすべての論点について掘り下げる必要はなく、メリハリをつけて考えることが大切である。

MECEを意識してイシューツリーを展開させていても、切り口が間違っていれば、どこかでモレやダブりが出てきます。僕の事例で恐縮ですが、前回の記事(日々の読書を活かして今年度の方針を考える(健康編:①食事) - 読書記録 for me)でも書きましたが、健康についていろいろ考えて、イシューツリーをつくりました。実は一番最初、「健康」を「ダイエット」「食事」「運動」で展開させたんです。で、ダイエットは次に「摂取量を減らす」「活動量を増やす」と枝分けしてみたのですが、つまりこれって「食事」と「運動」のことなんですよね。2段階目という早々のダブり発覚でした(笑)

この後、ゼロクリアして書き直して、身体的健康と精神的健康に分けたことで、少しはマシな検討ができて、あの記事になったわけです。まぁ僕のような初歩的な間違いを犯す人はいないと思いますが、でも、本書でこういったことを学んでいなければ、平気でそのまま続けていたと思います。そして、すべての論点について掘り下げようとして、堂々巡りに陥っていたと思います(^^;)

なお、本書ではイシューツリーにとどまらず、仮説の立て方、説明の仕方、フレームワークの説明などについてもページが割かれています。僕は福祉関係の仕事をしているため、利益追求についての考え方や製造プロセスなどに慣れていないこともあって、読みづらいところが一部ありました(特にフレームワークの説明部分)。しかし、一般企業でお勤めの方ならもっとわかりやすく読めるんだろうなぁと思います。

戦略思考を体験するためのワークも随所に出てきて、かなりボリュームもありますが、しっかり読み込んで、しっかり取り組めば、得るものは非常に大きいのではないでしょうか。仮説の立て方など、僕ももう一度しっかり復習するつもりです!!

日々の読書を活かして今年度の方針を考える(健康編:①食事)

おはようございます。

最近、問題解決に関する本を多めに読んでおり、事あるごとにピラミッド・ストラクチャーに出くわします。また、このブログでも紹介していますが、他にもさまざまなジャンルの本を読んでいます。しかし、ただ読むだけでは内容について腹に落ちる感覚は得られないため、実際に活用しないといけないと思っていました。

大きく言うと「今年度の方針」がテーマなのですが、これをさらに「仕事」「健康」「お金」「人間関係」「余暇」「生活(身の回りの環境というイメージです)」の6つに分けて、今年度、どう取り組んでいくかを考えてみます。

今回はその1つ目として、「健康」について考えました。

健康を考える上での要素は次の4つを考えました。

①「食事」

②「運動」

③「睡眠」

④「気分転換」

モレなくダブりなくというMECEの考え方でいくならば、これより上位の概念として「身体的な健康」と「精神的な健康」が考えられました。そこからさらに掘り下げて、上の4つの要素が出てきたわけですね(実際のところは、①~④のすべてについて、身体的健康にも精神的健康にも影響があると思います)。

①「食事」

食事については、さらに朝食・昼食・夕食・間食に分けて考えてみました。

朝食→仕事の日は食べていない。休日はパンとコーヒー。

昼食→母が作ってくれるお弁当を食べるため、ここはコントロールしづらい。

夕食→ときどきごはんをおかわりしてしまうことあり。

間食→仕事から帰った後、食べてしまうことあり。

なお、昨年の7月からダイエットして15kgほど減ったとはいえ、まだ90kg以上あるため、個人的に減量は健康と密接に絡むテーマです。ダイエット法は概ね「レコーディング・ダイエット」に則っています。その他、読んできた本の内容などから、食事についての方針は次のように決定しました!

今年度の方針【食事】

「朝食は生活のリズムを整えるため、パン1つだけでもいいから毎日食べる。夕食はごはんのおかわり禁止。間食は楽しみでもあるため、完全禁止にはせず、週2回まではOKとする」

いかがでしたか?

もちろん、これだけで減量できるとは思っていませんし、「健康」には(僕の中では)あと3つの要素がありますので、残りの要素について書く中でその辺りは触れられると思います。「アンタの方針なんか興味ないわ!」という声が聞こえてきそうですが、そこはこのブログが “読書記録 for me” というタイトルでやっているという状況を汲んでいただければと思います(^^;)